2005年02月28日

Firefox 1.0.1、日本語版はスキップ→(修正)リリース予定に復帰

もじら組トップページに「※Firefox 1.0.1 はクラッシュバグがあるため日本語版は見合わせとなりました。1.0.2 日本語版までお待ちください。」とある。本家が1.0.2を早くリリースしてくれるとよいのだが。

もじらの方はというと、
http://www.mozilla.org/releases/mozilla1.8b1/
Mozilla 1.8b1がリリースされたらしい。
もちろんまだ開発者用リリースであり、一般リリースではないのだが。


(以下、3/1 2:00 追記)

もじら組の先の文章が次のように変更になっていた。
「※Firefox 1.0.1のクラッシュバクの回避策が見つかった模様です。当初の予定通り、1.0.1日本語版は3月上旬公開を目指し作業しています。」
posted by touji at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Opera beta 2(実質 Opera 8 beta2)の国際化ドメイン対応

「バージョン8」のbeta2と言わないのが意味不明なんだけど、それはおいといて。

http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/02/28/opera80b2.html
IDN形式URLの表示・非表示は国別に切り替えるようになった「Opera」最新β

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/02/28/6620.html
Operaが次期ブラウザのベータ2公開、フィッシング対策に大幅な改良

入力されたURLが国際化ドメインであり、そのトップレベルドメインがno,jp,deなどの(語弊があるかもしれないが)ドメインの管理がしっかりやっている国のドメインである場合には URL をそのまま表示する。
英語やヨーロッパで使われるLatin-1文字で記述されたURLもそのまま表示する。
それ以外は、見た目がややこしいPunycodeに変換されて表示されるのか。

「さらに本バージョンでは、SSL対応のWebページを閲覧した際に、アドレスバーの右端に証明書の発行者名と、その発行者のトップレベルドメインが表示されるようになった。」(上記窓の杜記事より)
なかなかやるなあ。

現状、これは可能な限り踏み込んだ解決策なのかもしれない。
ただいずれかの国のトップレベルドメインを管理する国際化ドメインのレジストラのポリシーが変わると、それにあわせてPunycodeに必ず変換する、あるいはそうでないという判定を変更しないといけないわけで。
その仕組みをレジストラとブラウザを作る側との間で作っていかないと本当の解決策にならない
ような気がする。

(もしかするとまだフォントの字体による問題があるかもしれない。「ト」と「卜」という似た形の字があったりするし。他にもナニカアリソウナ。とかく人の世は難しい。)


そういえば、この変更で http://www.マイクロソフト.com/ の人が泣いているに違いない。w
※このリンクは国際化ドメイン対応していないブラウザでクリックしても無駄です。
posted by touji at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Einstein@Home

そういえば、物理学方面で分散コンピューティングのプロジェクトが始まるという話を先日見たのを思い出した。この20日に出てきたこの話だ。

http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/02/20/079201&topic=74&mode=thread
Einstein@home公式にスタート

観測データから重力波を探し出すためのプロジェクトらしい。
この話について以下が詳しいようだ。

http://www.einstein1905.info/einstein/2005.html
2005年は世界物理年 World Year of Physics

アインシュタインによる現代物理学の幕開けから100年になるんですか。へえ〜
で、そのページからリンクしている 今週の「Einstein@Home」(2004/3/8付) に今進行中の分散コンピューティングについて触れていた。以前自分のPCで実行させたことのある SETI@Home の他、UD Agent、Folding@home、Cryptographic Challengesなどがあるんだな。もっと詳しいページもあるらしいので、知りたい人はリンクを辿れ。

興味のある向きはどうぞ。
私は各種MMORPG動かしながらなので、面倒で。興味ないふり。w
posted by touji at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めも:Seesaa での PodCast 配信方法

つい先日、2月18日にSeesaaで始まったPodCast音声配信サービス
公式のヘルプは以下のページにあるんだけど、これ読んでも肝心なことがイマイチわからない。

http://podcast.seesaa.net/
Pod♪Cast - ポッドキャスティングの楽しみ方 -

「で、記事の音声自動変換ってどういう手順を踏めばいいんですか?」という疑問がふつふつ。
以下の2つを読んでようやく方法がわかった。よく見ると書いたのは同じ人。

http://dslender.seesaa.net/article/2038247.html
PodCastingの楽しみ方の一例(でも、私には「今」がある 2/20)

http://onseika.seesaa.net/article/2050649.html
開設のご挨拶(音声化ブログ 2/20)
(自動変換mp3ファイルは296KB)
※ここの他の日記はSPAMメールの音声化とか怪しいことをやっているw

要は、
・rdf 2.0配信を設定しておく。投稿ごとに設定する必要はない。
・最初に記事を保存(投稿)する。
・記事が保存されて初めて、その記事のURLが決定される。そのURLからmp3が生成されるURLがわかるので、手動でmp3のURLを記事に挿入して編集、再度保存する。
・自動音声変換は最初に保存した時のただ一回しかなされないので、注意。

ということ。(URLの変換方法は上のリンク参照)

それでもまだわからないことがある。記事単位で音声ファイルの生成の有無を指定することはできないんだよね。そもそも現状ではそこまでの自由度は持たせていないのかな?
ただ、よくよく考えてみると Seesaa のディスクスペース1人当たり最大2GBの半分をmp3にあてるとして、それを例えば300KBで割ると3000回分も確保できる計算になる。
ギガバイト分のスペースってすごいなーw


でも、このブログを音声化するのはやめておこう。なんか無意味そうだ。w


追伸:
ライブドアに関する無責任な私論(2/26) もリンク集という意味で参考にさせてもらいました。この話、私もどっちもどっちに感じます。ただ、個人的にはライブドア側に転んでほしくはない、そんな気分。
でもこの件には報道されない裏もありそうですから、どっちに転ぶのがいいのかなんて私にはわかりません。
posted by touji at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

やっぱダメか、Jword...

既に先月の話だけど、フィッシング詐欺を防ぐ手段の一つとして使えるかもしれないソフトとして、以下の記事のようなものがあると報道されていた。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/01/20/6146.html
アクセスポート、「JWord」のFirefox用拡張機能を配布開始

ブラウザにこのソフトをインストールしておくと、例えば企業名を入力するだけでその企業のサイトを確実に表示してくれるので、その意味で最近流行のフィッシング詐欺防止に有用なツール。
しかし、昔これにスパイウェアが含まれていると聞いた覚えがある。大丈夫なのか?
私なら知らない会社のサイトに直接アクセスする時は、これ使わずにgoogleなどの検索エンジン経由でアクセスしますが。

ちょいとgoogleで検索してみた所、
http://www.jword.jp/help/help_faq_install_cnsmin.htm でJword側では、スパイウェアではないと言っていますな。(このページから、Jwordのアンインストール方法を書いてあるページへのリンクもある)
しかし、http://www.higaitaisaku.com/removecnsmin.htmlhttp://enchanting.cside.com/security/cnsmin.html では、Jwordが含むスパイウェアの除去方法を解説していますな。
というわけで、Jwordてば今でもスパイウェアを含むようですな。それにしても、NECのPCだとJwordプリインストールされてたりする。やれやれですよ。


さらに、昨年の12月21日付けでこんな記事もあった。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/12/21/5885.html
ヤフーがアクセスポート株の33.4%取得、Yahoo! JAPANとJWordが連携

この記事の本文は次の一文から始まっている。「ヤフー、グローバルメディアオンライン(GMO)、GMOグループで日本語キーワードサービス「JWord」を運営するアクセスポートの3社は、今後の事業拡大を図るため、資本・業務提携に合意したと発表した。」

ふむ、Jword使っている人2000万人もいるんだね。
スパイウェアをインストールした人も2000万人いるってことか。
posted by touji at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後WinXPの再インストールにはM$への電話連絡が必要になります(呆)

http://www.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0502/25/news075.html
Microsoft、ネット経由の製品アクティべーションを中止へ

WindowsXPの再インストールには電話でライセンス番号の確認が必要なんですか。M$日本のカスタマーサポートの電話はなかなかつながらないという話なのに。
アメリカだと電話でもつながるということか…。きっとそうでもないんだろう。客の足下を見た対応だとしか言えないな。

記事では28日から20社が出荷しているWinXPプリインストールPCについて対象になり、今後広げるということらしい。地域については言及されてないが、希望的観測は無意味だろう。


(以下、2/28 22:30追記)

セキュリティホール memoに以下の記事が載っていた。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NT/NEWS/20050225/1/
マイクロソフト,「ネット経由のアクティべーションを中止」報道を否定
posted by touji at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「神の手」という異名を持つ医者がいるのだな…

今日TBS系の「夢の扉」というテレビ番組(18:30-19:00)で「神の手」と呼ばれる日本人脳外科医のドキュメントを放送していた。普通なら外科医でも手を出せない大脳の最奥部にある腫瘍を切除する手術をしたり、多くの脳外科医がその技術を学びに来ていたりもしている、すごい先生でした。
それだけの人であるならばと、googleで「福島孝徳」を検索してみるとやはり有名であるようだ。
「ブラックジャック」の故手塚先生が知ったらさぞかし驚くのではなかろうか。
posted by touji at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

VB2005のVSAPI検索エンジンアップデート方法:2月28日まで待てない人向け

トレンドマイクロのウイルスバスター2005の手動アップデート方法が
公式ページを見ただけではさっぱりわからないので、
ちょっと調べてみて、インストールしてみた。
(この記事の賞味期限は2月28日まで。多めに見ても3月3日までだ)

以下長い文章になるので、「続きを読む」以下に書く。

続きを読む
posted by touji at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Firefox Extension]IE View & FirefoxView

ふと見つけた、Windows限定のFirefox用Extensionを二つ。
(片方は最新版を知らなかっただけですが)

どちらも日本語版はないけど、そのまま入れると英語表示になるだけで特に動作上の問題はなし。



IE View 0.86

FirefoxとMozilla両方で使えます。右クリックメニューに「View this page in IE」を追加して、今見ているページをInternet Explorerで開くことができるようにするもの。

IE View 0.83を入れていた状態でFirefoxの「ツール」-「拡張機能」の「更新」ボタンを押しても最新の0.86があることを検知しなかったのが気になる。

それからIE Viewのページには、そこからリンクしているJeremy Gillick's Extension Uninstallerがないとアンインストールできないと書いているのだが、Firefoxを使っている限りはこのUninstallerがなくてもアンインストールできるみたい。
で、そのUninstallerのページに今アクセスできないのだけど、はて、Mozillaだとアンインストールできるのだろうか?


FirefoxView 0.31.1
Firefox用。IEの右クリックメニューに「View This Page in Firefox」を追加して、今見ているページをFirefoxで開くことができるようにするもの。
つまり、IE Viewの機能の裏返しなわけですな。

インストール作業はFirefox上で行う、つまりxpiファイルをFirefoxにドロップするとインストールが開始されて、IEに設定を追加してくれるわけです。


両方とも仕掛けさえわかっていれば割と中身は単純そうですな。わかるというのは、つまりプログラミングの作法さえわかればという事なので・・・ゲフンゲフン

それはそうと、Firefox 1.0.2 の正式版はまだ出ていなかった。
posted by touji at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Firefox 1.0.1(日本語版はまだですよ)

英語版などのFirefox 1.0.1がリリースされたそうですが、
日本語版のリリースは来月という話。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/02/25/6606.html
Mozilla Foundation、「Firefox 1.0.1」を公開〜日本語版は3月上旬予定

え、アドレスバーのURLをPunycodeに変換して表示するだけですか。元々入力したURLは同時に表示しないんですか。それは残念・・・。
だって、Punycodeから元々入力したURLなんてわからないじゃないですか。

特にこれはセキュリティアップデートであることもあり、日本語版がリリースされたらどのみちインストールするつもり。ただ、この1.0.1にクラッシュバグが見つかったとかで、1.0.2がすぐに出てくるという説が有力。

これから寝て起きたら1.0.2が出てたりして。w
posted by touji at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

次のFirefoxのフィッシング防止策(Punycode表示)

FirefoxとMozillaの次期版(Firefox 1.0.1とMozilla 1.8beta)についての今日の動き。

Firefox、Mozillaの次回リリースでのIDN機能無効化は回避
ドメイン名をPunycodeで表示する方向に
(Internet Watch)

17日に書いた話のプラグインの機能そのもの、あるいは同等の機能がブラウザ本体に取り込まれるということですね。いいことだ。
全てのユーザに必須の機能は個々に開発がなされるプラグインではなく、標準機能として取り込まれるべきだと思う。
posted by touji at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

Firefoxに「新しいタブを開く」ボタンを追加する

そういえば、Firefoxのテーマを変えたらブログのペットのような外部からリンクするプログラムを表示する際に上下にばたつく現象は、こちらの環境でもなくなったかも。

と書いたものの、結局表示がばたつく事があるのは変わらなかったです。残念。
ただ、外部プログラムのペットが日記のすぐ左上にある場合は、ばたつく事が少なくなったような気はします。

------ き り と り せ ん ------


さて、初心者向けFirefoxカスタマイズの話。(Firefox 1.0で試してます)

今まで気づいていなかったのが、自分でもトホホなのだけど。以前こんな事を書いていた。
新しいタブを開くボタンがForefoxにないせいでまだMozillaが手放せない

しかし、「新しいタブを開く」ボタンを追加する方法がふとわかってしまって、Firefoxに乗り換えることにしたのでした(Mozillaを捨てるわけじゃないけど)。
以下、ボタンを追加する方法。

メニューで右クリックすると、「ナビゲーションツールバー」のON/OFF、「ブックマークツールバー」のON/OFF、「カスタマイズ」の3つが表示されるサブメニューが表示されます。
20050220_2.jpg

インストール後のデフォルトではナビゲーションツールバーのみONになっていたので、ブックマークツールバーをONにしてやると、ブックマークの「ユーザ設定ブックマークフォルダ」がブックマークツールバーに表示されました。
さらにカスタマイズを開くと、いろんな機能ボタンが用意されているのがわかったので、「新しいタブを開く」などのボタンをブックマークツールバーに追加できた。

なお、ボタンを追加しなくても Ctrl-T で新しいタブを開くことができます。それは知っていたけど、マウスからタブを開くボタンが欲しかったのです。

そして、既に入れていたFirefox/Mozilla用Tabbrowser Extensions(注:非常に有用なんだけど、作者さん曰く危険な拡張らしい)を含めてこんな具合に。
20050220_1.jpg
ちなみにこのテーマは先に書いたWalnutです。

余談:
開いているタブが少ない場合、タブの表示されていない右側の部分を左クリックすると新しいタブが開きます。でも、一番右までタブが表示されきってしまったら(たいてい数個)それ以上同じ方法で開くことはできません。
また、TBEの設定の外観-タブバー内で、その他の「両端にドロップ用のスペースを空ける」をONにすると、その空いた隙間をクリックすれば、「新しいタブを開く」ボタンと同じ効果が得られます・・・。(^^;
posted by touji at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

Firefoxのテーマを変えてみた

MozillaとFirefoxのテーマを変えてみた。
テーマはソフトウェア一般的にはスキンとも言うけど、Windows XPでもデスクトップテーマという用語使っているので、さほどマイナーな言葉ではないと思う。

テーマを変えた理由は、これらブラウザのデフォルトのテーマではツールバーのURL欄の文字の下が少し欠けて気持ち悪いから。
よく見ないとわからないけど、日本のドメインを表す「.jp」が「.ip」に見えたりする。Mozillaのデフォルトテーマは下2ドット、Firefoxのデフォルトテーマは下1ドットが欠けてるように見える。本当にそうなのかどうかは保証しないけど、WinXPのデフォルトテーマ(Aquaだっけ)上では文字の下が欠けているのは間違いない。

そんな些細な事が原因でフィッシング詐欺にあうことにもなりかねない、と最近思っていたのだが、ふと思いついてMozilla/Firefoxのテーマを探してみる事にした。

Firefoxの場合は、メニューから「ツール」>「テーマ」で開くウインドウの右下にある「新しいテーマを入手する」というボタンを押すと、テーマを集めているサイトを開くことができます。英語のページですが、書いてあることは難しくはないので頑張って読みましょう。

Walnutという木目調のテーマ(一番人気らしい)があったのでインストールしてみると、ツールバーのURL欄の文字がちゃんと表示できるようになった。
見た目も落ち着くし、いいテーマだと思う。

Mozillaも同じテーマにした。いい感じ。


同じSeesaaにいるお隣さんのブログを覗いてみた。
http://landscapelandscape.seesaa.net/article/1985813.html
この人はNoia2.0(eXtreme)というテーマを使っているそうな。
そういえば、Firefoxのテーマを変えたらブログのペットのような外部からリンクするプログラムを表示する際に上下にばたつく現象は、こちらの環境でもなくなったかも。

デフォルトのテーマ、次の大きなアップデートまでには修正してほしい気が。
具体的にはAOLからのNetscape 8正式版リリースのタイミングまでに、かな?
posted by touji at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

国際化ドメイン名フィッシング詐欺を防止するFirefox用プラグイン

2日前に国際化ドメイン名(IDN)を利用したフィッシング詐欺の事を書いたのだが、昨日付で

IDNを悪用したフィッシング詐欺の防止に役立つ「Firefox」プラグイン

という記事が。
ツールバーにIDNを正規の形式に変換したURLを表示するので、IDNで表現されたURLの一部が似て非なる文字であった時にすぐその違いがわかるので、詐欺の防止になるというソフトのようだ。
うん。こんな感じで機能を実装してくれないかなあと思っていたんだけどね。

でも、これプラグインだから・・・。ゆくゆくはブラウザの標準機能に取り込んでほしい。

俺、新しいタブを開くボタンがForefoxにないせいでまだMozillaが手放せないので、Mozilla用のPlug-inがあればいいんだけどな。(後でPlug-inの配布元を見に行こうっと)
posted by touji at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

FFXI、垢BANやったのね

不正行為に対する対処について (2005.02.15(火) 12:30)

狩り場の独占や、ハラスメント行為を働いた800アカウントの強制退会処分を行っただと。
それは評価に値することなんだけど、もうちっとこまめにできないかなあ。毎月くらいのペースでさ・・・。

それと、さすがに最近プロマシア以後の自主解約が多くてあせっているのか、今月もうすぐ行う予定の大規模アップデートの情報をこのところ小出しにしているのだが、それを見ていると評価できる部分は半分あるかないか。それよりまたシステムが複雑になるんかいと。でもって、よっぽど時間がないと金策つらそうなのは相変わらずっぽいなあと。

で、GAME Watchのスター・ウォーズ ギャラクシーズの評価記事を見ていると、そっちの方がおもしろそうな気がしてきたよ・・・。

とりあえず来月1ヶ月、久しぶりにFFXIの課金してみるつもりだけどね。
さて、どうなってるのかな。
posted by touji at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | FFXI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新語登場:ファーミング詐欺

http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20050212.html
フィッシング詐欺よりも進んだ形の、ファーミング詐欺について書かれた日経IT Proの記事に、セキュリティの専門家の高木氏がツッコミを入れている。

「ファーミング」とは正規のURLをブラウザに入力しても偽のページへ飛ばされてしまう、というものらしい。英語ではpharmingと書く。語源はfarming(農業)。
フィッシング詐欺のフィッシングは英語でphishingと綴るが、その語源はfishing(釣り)である。pharmingという新語を造った発想はこれと同じというわけ。

で、このファーミングを防ぐための自衛策として、ブラウザの錠前アイコンを確認すればよい事がその記事には書いていない、ちゃんと書いておけ、というのが、高木氏のツッコミ。

そんな自衛策をまとめてあるページってどこかになかったかな?


その日記のさらに少し下にある、「http://xn--」(ここではhのみわざと全角文字で書いた)で始まるURLで国際化ドメイン(日本語JPドメインはその一部)をリンクさせると本物のURLかどうかわからないって話は、下手をするとまた違う形の騙しになりそうで不気味だな。

(「国際化ドメイン」というんじゃなかったかな。違ってたりして)


> ブラウザが逆変換してアドレスバーに表示するべきだとも思うが、どうだろうか。

と高木氏が書いているが、きっとこれからのブラウザはまさにそう作られるべきなんだろうな。でも、アドレスバーにURLを直接入力する場合と違って、どこかのページからリンクをクリックする際はちょっと違う動きをする必要がありそうなんだが…。

この話が近いうちに解決している事を期待するが、
騙す方と防御する方とのいたちごっこは、いつになっても終わらないのかね〜?
posted by touji at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

How to 幕府?

今日のやじうまWatchより。

http://www.hatena.ne.jp/1107862834
幕府を開く方法についての質問をしている人がいた。
いい質問だ。w

これは日本の歴史を考えるにいい材料だと思う。また「逆説の日本史」を読み返したくなった。
(本のページにリンク貼るのが面倒なのです。興味があったら本屋で探せ。)

将来日本に本当の意味での幕府が開かれることがあるのかね?
ないのだろうと思うし、答えが得られないことはわかっているのだが、興味深い。


ただ、また鎌倉で開くというのはつらいかな。
先日、どこかの民放のテレビ番組で見たのだが、海から1Km離れた大仏殿まで川伝いで津波が押し寄せてきて大仏の顔まで津波にかぶり、大仏殿の建物が流されてしまった事がつい最近の研究でわかってきたのだそうだから・・・。その時にあらかたの資料文献も流されてしまって、今までほとんど証拠らしい証拠が見つからなかったのだろうという話だった。

とはいえ、日本では津波もあれば地震もあるしね・・・。

(今回の話、Seesaaブログのジャンルに「歴史」がなかったので、あえて「文化」にしておいた。)
posted by touji at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

今月(2005年2月)のWindowsアップデート

この9日にM$が発表したWindowsのセキュリティアップデート

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms05-feb.mspx
2005 年 2 月のセキュリティ情報

12件もある。毎度多いな。
とは言うものの、昔はこんな事を気にもとめなかったM$が精力的にセキュリティホールをつぶしにかかっているというのはよいことではある。(もっとも、非難の声があまりにも多くなったから真剣に取り組むようになったのだろうと思うので、特に褒めるつもりはないが…)

それに、元の品質が低いのもどうにかしてほしい所ではあるが。Office系も。

私はウイルスよりもWindowsのサービスパックアップデートの方が恐ろしいと考えている。だからXP SP2の適用も未だしていない。
アンチウイルスソフトのパターンファイル更新は手動だけどまめにしているし、怪しいウェブサイトには行かない、通常使うブラウザをIEにしない、怪しいメールの添付ファイルは開かないなど、それなりに気をつけているつもり。(なお、IE以外のブラウザを使うと絶対安全と言う事ではないので念のため)

Windowsのアップデートがどう恐ろしいかというと、ウイルスに感染するパターンはある程度予想がつくが、Windowsを更新して動かなくなるパターンは予測がつかない、ということに尽きる。

しかし、そろそろXP SP2もこなれてきただろう時期ではあるし、XP SP2を適用している事がそろそろ当たり前という感じになってくる気がしてきた。また毎月(だっけ?)のセキュリティアップデートがこうも多くなってくるとXP SP2の適用を先延ばしにする事があまり得にならないような気もしてきたし。それで、自分のPCにXP SP2を適用することにした。

ファイルのバックアップとかも含めて、これから作業をする。
Windowsがクラッシュしませんように(ぱんぱん)

その前に参考記事はこのへんかな。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/special/2005/02/10/6431.html
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/02/09/007.html

http://slashdot.jp/security/05/02/09/0732217.shtml?topic=110
ここを見ると、ドラッグ&ドロップで若干の不具合が発生する場合があるらしい。


それから、M$製の各種プログラムのサポート期限を書いてある次のページがあった。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;JA;lifesupsps
M$の「サポート対象サービス パック」

おや、Office XP SP2 (SP3が最新) って、2005/3/9でサポート終了だって。
Officeは個人でほとんど使ってないので、SP当てた記憶がないぞ。w
追記:
posted by touji at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

(あえて)松下アイコン特許問題

あの話がニュースになっていたのは既に何日か前の話ではあるけれども、記録しておく。

一太郎のヘルプアイコンに関して松下がジャストを訴えた裁判についてのまとめ的ページ

http://miuras.net/matsushita.html
松下電器産業製品不買運動

ここの逆リンクページをたどると、松下の特許は本来認められるものではないことがいくつも見つかりそうだ。例えば、http://d.hatena.ne.jp/shiomaneki/20050203/p1ではMacのSystem6という先行事例があると指摘しているし・・・。

この件については不買運動のページにあるように、松下が価値のない特許を振りかざすことによる害が大きすぎると思える。
そんな松下の製品は極力買わないようにしようと思う。最近この会社についてイメージダウンする理由がいろいろあったけど、この件でついにトドメを刺してしまった感じ。

Windows上で日本語入力するためのフロントエンドプロセッサ(FEP)って、もはやM$製ソフトに対抗できる製品はほとんどATOKしかない状況なのに。ATOKなくなったら、チャットすらつらくなる。M$の変換はとにかく馬鹿でストレスがたまる。
訴えた対象は一太郎だけど、本当に一太郎の出荷停止なんで命じられたらATOKの開発(やメンテ)にも響くよな。

もっとも、ジャストシステムとしては、とりあえず松下特許に抵触しないようにするパッチをリリースするんだろうけど。
そういえば、一太郎2005の発売って今日だったな。昨年買ったので、本当は今年は買うのをスキップするつもりだったんだが、さてどうしようか。
posted by touji at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

左向きに読む

googleのキャッシュ
http://64.233.187.104/search?q=cache:vtXvzzde3qgJ:www.montada.com/archive/index.php/f-342.html+FFXI&hl=ja
直リンク
http://www.montada.com/archive/index.php/f-342.html

日本、北米、ヨーロッパのユーザを同じ鯖に押し込んでしまったFFXIだとはいえ、アラビア語のファンサイトがあるとは思わなかった。

・・・アラビア語さっぱりわかりませんよ。
本当はホームページにリンクしておくべきなのだろうが、あまりにも言葉わからないので勘弁してくれw


それにしても、Firefoxでこのページを見てマウスでテキストを選択すると、選択した部分の文字が微妙に横に伸びたり字が変化するのは・・・、ブラウザの文字列処理は難しそうだ。
posted by touji at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | FFXI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お気に入りリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。