2005年04月27日

本日の小ネタ

http://euro2002.hp.infoseek.co.jp/
折田先生を讃える会

いくら落書きだからって、これはちょっとひどいんじゃないんですか?w
ねえ?(^_^;;;

(折田先生というのは京大の礎を作った偉い人なのでしょうか?)
posted by touji at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

25日のJR西日本の脱線事故

なんだよ、世界中にまで響いてしまっているじゃないか。25日朝のJR尼崎駅近くの大事故。
JR西日本は駅のアナウンスレベルではJR宝塚線と言っているのだが、マスコミの報道では昔ながらの福知山線と言っているのはいったいどうなんだ、というのはさておき。

事故の直接の原因はスピードの出し過ぎなのだろう。置き石の有無や、車体の軽重はその次に来る原因。他に根本的な原因が別にある。車両の効率的な運用を進めすぎた結果の運転士へのプレッシャーではないか。
過密ダイヤであるとは思えない。過密というなら山手線の方が上だろうし。

尼崎駅では神戸線と福知山線〜東西線(〜学研都市線)がクロスしていて、車両によって尼崎でストレートに進むかクロスに進むかが変わる。特に普通電車は半々で変わる。東西線が完成した以降のダイヤがそういう複雑で効率一辺倒な形に変わったと思う。
同じ電車をあちこちで使い回しするので、1カ所事故ると影響が広範囲に及ぶ。それで最近は数年前に比べるとかえって電車の遅れが頻繁に発生している。5分遅れくらいで運行している事がざらにある。
新大阪の向こうで事故って止まったら、福知山線〜学研都市線、神戸線〜京都線、大阪環状線、阪和線、大和路線に影響があるのだろうし。尼崎周辺でもなぜか下手するとそれくらいの影響が出ることがあったような。今のJR西日本にとって尼崎周辺って一番事故が起こると困る鬼門なんだよな。

最近JR西日本の電車の出発時間は、きっちりしている時はジャスト0秒でドアを閉める。秒単位の管理してるんだろうなと思っていたが・・・。「少しは待てよ、てめーら」と思うことが少なからずある。最近のスジ屋の引くダイヤは乗り換え時間が最大になるようになってやがる・・・。(彼らの感覚では最小になるようにしているのかもしれないが、大規模駅の人の流れを甘く見過ぎ)

大事故というのは複合要因で起きるというが、今回まさにその通りになってしまった。急カーブで、カーブの外側にマンションがあって、そこに車両が突っ込んであんな悲惨な事に・・・。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
今現在で75名死亡、450名以上が負傷ということになっているようです。(乗客の約90%?)

復旧までには何日かかるだろうか。衝突された側のマンションも倒壊の危険があるとかないとかで。
別の理由もあって大変迷惑してます。怒ってます。>JR西日本
会社上層部の退任は当然と思う。社長のクビだけで済むとは思えない。


(参考)
http://www.sankei.co.jp/news/050425/sha057.htm
Sankei Web 社会 【JR快速脱線ドキュメント】
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/jr_fukuchiyama_accident/
Yahoo!ニュース - JR福知山線脱線事故
posted by touji at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキャンダルと言うには実は微妙に古い、BoAの本国での話・・・

2ちゃんの痛いニュース+板より。

http://www.gossip-news.com/news/2005/04/boa_demo_chinab.html
BoAが反日感情を煽り感謝状と名誉会員証を授与(2005年04月26日 14:34)

でも、元ネタは以下。2004/9/10付けの記事。ちょっと古い話じゃないか。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/09/10/20040910000036.html
BoAの『多黙 安重根』PR 日本で敏感な反応


昔の韓国のテロリスト安重根についての映画のプロモーションを本国でやっていたそうな。映画を作ること自体はあちらの勝手だが、最近の反日感情と結びついてのキャンペーンだけに、日本ではスキャンダル扱いしていいニュースですよね・・・
と思ったのだけど、昨年の9月ってえと、最近の反日感情が韓国で燃え上がる少し前かな。スキャンダル扱いするにはちょっと微妙。

(そういえば、日本で最初のCCCDはBoAだったなあ。それでまだ件のCCCDを買って、まだ持っているはずだ…。)


http://messages.yahoo.co.jp/?action=q&board=7860
参考:Yahoo掲示板 7860 エイベックス

さてどうなるかな?
posted by touji at 22:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

「逆説の日本史」12巻を読了

つい先日、本屋に行ったら「逆説の日本史」12巻が出ていたので即買い。1週間かからず読了。
11巻が出てからずいぶん時間かかったような気がする。

12巻は徳川幕府の成立がテーマ。
この巻の第一章と第二章は、秀吉死去後は筆頭大老として豊臣家を除く他の大名と比べて大きな力は持っていた家康がそれだけでは天下人になれるものではなく、様々な手段を尽くして長い時間をかけて豊臣家を追い落とすまでの過程。
第三巻は、家康が築いた、その後三百年続いた徳川幕府の支配の根幹原理。戦国の時代の武装勢力を無力化した政策の数々。この政策のために今でも西と東に分かれたままの組織があるという話はおもしろい。(いや、当事者が聞いたら怒るのか、それとも既に抜かれるトゲすらなく和解の道を考えるのか?w)

そして、徳川家康は歴史を知り抜いていたから支配できたのだと著者は言っている。それは今川家に囚われの身になっていた屈辱の時代に学問に厚かった今川家の多くの歴史書を読む機会があったからこそ、というのだから皮肉な話ではある。
それに中韓の連中が嫌う秀吉の朝鮮出兵の理由についても書いてある(教科書と書いてある話とは違うが)ので、興味がある向きは読むといい。またこの本は通史なので1巻から読むことをお勧めする。
ただ高校生以下の人はこのシリーズをまだ読まない方がよいかもしれない。教科書に書いてあることとは違うことが書いてある部分があるから、テスト勉強に響く可能性がある。歴史系の書籍というものは教科書と同じ事を書いていたら価値がないので当然ではあるが。
とは言うものの、これを読む事で日本史に興味が持てるなら若干試験の点数が落ちる分をカバーして余りあるかもしれない。
個人的にはこのシリーズは考え方に筋が通っていて、何を言っているのかがわかりやすい、つまり説得力があるので、大変好きです。

歴史を知らないと隣の悪い民族に騙されますから、歴史書は読んでおくといいですよ。特に自国の歴史は知っておくべきだけど、結局いろんな国の歴史を知っておくに越したことはない。人の世って難しいよな・・・。

(普通なら、ここまで書いてアフィリエイトリンクを貼るものだが、準備してないしw)
posted by touji at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

ウイルスバスターが大炎上

ウイルスバスター2005の、今朝リリースされたパターンファイル2594を読み込んだWindowsXP SP2のCPU負荷がほぼ100%に張り付いてしまって、世の中では膨大なCPU時間が失われてしまったらしい。リアルタイム検索をOFFにすると回避できたそうだが、それをやるとアンチウイルスソフトとしての用をなさなくなるわけで。

時々自分でウォッチしているFirefoxなどは例外として、私はオートアップデートはなるべく外すようにしているので、今回は助かった。たまたまではあるが。

自動更新機能があるソフトウェアはどれでもこうなる危険性はある。それにしても影響でかいよなあ・・・報道機関も普通の会社も午前中は仕事にならなかったようで。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/04/23/7414.html
ウイルスバスター、パターンファイル更新でCPU使用率100%になるトラブル

やはりInternetWatchが記事更新していた。土曜日なのに。

これとは別にウイルスバスターの旧バージョン2004でも昨日別の不具合があったそうで、今トレンドマイクロ社は顔面蒼白なのだろうな…。
posted by touji at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リブートって言葉の由来を知ってるかい?

そういえば、インターネットが流行りだした頃以降にPCを触りだした人って、「リブート」の言葉の由来を知っているだろうか?
ちなみに日本語訳では再起動と言う。

googleで「リブート」と、その由来となるもう一つの言葉(これが答えなのだが、気が向いたら後でコメントで書くことにする)をand検索してひっかかったのが、次のページ。

http://www.ichinoseki.ac.jp/satok/SATOK/idea/iwa6.html
HITAC10の活用

ここに書いてあるのは、HITAC10という8KB(4Kワード)の磁気コアメモリを搭載したコンピュータを使っていた頃の思い出話。それ以外にもあるが、長くなるので取り上げない。

私はこの機械も紙テープは触った事がないのだが、ある程度年上の人になると紙テープを使っていたということをたまに聞く事がある。なぜかこの頃の話って妙に面白おかしい。

今でこそ持ち歩き用の記憶媒体はUSBメモリが主流だと思うが、CDの類だったり、MOだったり、FD(そろそろ死語になりそうなので、フロッピーディスクと注釈をつけておく)だとか、もっと昔になるとカセットテープになって・・・というか、カセットテープが主流の時代は個人で買えるハードディスクなど存在しなかったが(^^;)・・・さらに昔になると紙テープになる・・・そんな時代には個人でコンピュータそのものが買えなかったんじゃないかと。
いや、それ以前に持ち歩き用のメディアというのは、ハードディスクがメインの記憶装置という認識ができあがって以降にそういう用途が生まれたのであって。ハードディスク以前の時代はファイルやデータの保存は結果としては持ち歩くことの可能なFDなりカセットテープ、紙テープにするしかなかったわけで。

で、ここの先生たち、紙テープしかない時代にカセットテープで4800bpsの転送速度を実現しようとしてたという話が。後から歴史を知っている今の我々からすると、とんでもない事です!w
MZ-80シリーズがまだ存在しなかった時代にそんな性能出そうとしてたんだから。

ただ考えてみればカセットテープの時代ってそんなに長くないんだっけか?

さすがトラ技コンピュータに連載持ってた人(らしい)だけあって楽しい読み物です。技術系な人は一読いかが? この話は年代的には1970年代のいつかだろうとしか自分には想像がつかなかったが、次の記事によるとHITAC10は1969年製のミニコンだそうです。ふ、古い・・・。

http://www.watch.impress.co.jp/PC/docs/article/20010313/ipsj.htm
写真で見る歴史的なコンピュータ〜「情報技術のエポック展」レポート



そういえば、「リブート」の話がどうして紙テープになってしまったかというと、私が初めて触ったコンピュータが電源投入直後にカセットテープからプログラムを読み込んで起動する機種だったものだからあの言葉を知っていたのだが、調べてみるとそのもっと前の時代からあの言葉が使われていた事につきあたって、そういえば聞いたことはあるが忘れてたなあと。

(なんか文章にまとまりがないが、いい加減眠いのでこのへんで勘弁してやる。ばた…)
posted by touji at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

Firefox でブログ用にリンク貼りができる機能拡張を求めて (2)

このエントリは18日のエントリ「Firefox でブログ用にリンク貼りができる機能拡張を求めて」の続き。

Firefoxに15個のExtention(機能拡張)を入れていると前のエントリで書いたのですが、あの状態ではScrapbookの起動キー「Alt-K」がContextMenu Extensionsと衝突して動かなくなってました。ツールバーのカスタマイズでScrapbookの起動ボタンをツールバーに登録できるため、大きな問題はありませんでしたが。
Extentionをあれもこれも登録すると、このようにキーバインドが衝突するのは避けられないなどの事もあり、同じ機能を持つExtentionは入れないようにしないといけないのが、ちょっと難しい。どのExtentionにはどの機能があるということを把握できないとExtentionを入れまくるのは難しいと言っておきます。(ソフトウェアを作った事があるなら、そのへんわかるはず)

(ContextMenu Extensionsの側でキーバインドをカスタマイズできるのかどうかは未確認です。あと、仕様の大きさ(私にとっては「虚無回廊」w)についていけないので使うのやめます。ただよくよく考えてみると、JavaScriptActionsはこれと同じ系統のツールなのかなと。)



さて、Copy URL +を動かせるようにする方法が「帰納法障害: Firefox 1.0.3 の不具合とその対処法」にあるというトラックバックを頂いたので見に行ってみると、2ちゃんねるに載っていたCopy URL+の修正方法が載っている。ついでに追記には、

電網探題にてCopy URL + 1.3 日本語Locale同梱(Firefox1.0.3暫定対応)版の配布が始まった


とある。じゃあ、xpiの中のファイルを自前で書き換えなくてよくなったんだな、というわけで、取ってくる。
「Copy URL + 1.3.1 日本語Locale同梱版」が配布されていた。
インストールしたら、すんなり動きました。すばやい修正感謝です。

ただ、Copy URL+は、HTMLタグまでは生成してくれないですね。もっともHTMLタグ生成は絶対必要というわけでもないし、機能はシンプルな方がよいという考えに立てば今のままでいいような気もします。

(昔はHTML手打ちで数百ページのサイト作っていましたよ。ちょっと遠い目。)
posted by touji at 00:35| Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

DDoS攻撃されました〜って言ってみたかっただけだったりして?

16日に「FFXIのサーバが連日DoS攻撃食らっているらしい」というエントリを書いたんですが、、、

FFXI鯖へのDDoS攻撃についてはなぜか今頃になって、PC系のメディアだけでなく一般メディアにも報道されているし。まあ、世の中そんなもの。
とりあえず次の記事だけにリンクを貼っておく。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/04/19/7342.html
ファイナルファンタジーXI、ラグナロクオンラインがDDoS攻撃の被害 (4/19)

この記事では一つにまとめているのだが、今日はラグナロクが同じく攻撃を受けているという話が出てきた。公式ページでは昨晩発表したらしい。

はあ、そうですか。

ラグナの管理の質の悪さはつとに有名で・・・
その管理会社の(ソフトバンク系企業の)ガンホーは上場初値の120万円があっという間に2000万円にまでなった(不思議…)バブリーな企業なんですが、悪評がどのようなものであるかは

http://1030.ragna.info/index.shtml
20041030関連情報(備忘録) 話題独占の某内部告発記事の備忘録

他各種ラグナのファンページから辿れるかもしれません。この「備忘録」のページはまだラグナやってる人たちが集まっているためか、非常に冷静な態度ですが。
本当に嫌になった人はとうの昔にやめてますし、縁も切っているでしょうから。


(ちなみに私はというと、ラグナをβテストから正式サービスの半年ほどプレイ、その後FFXIジラート発売を機にFFXIに移行したものの、プロマシア発売の頃から嫌気がさしはじめて実質昨年末でFFXIをやめました。)




そーいえばキャラクターグッズ関連は堅いんだな。きっと・・・。
「萌え」関連株ねえ。ふーん
(時間損した。次いこ次。)


R.O.M 776の4/17分に同日のメンテ告知のページのSSが。
さすがにこの数は昔はありえなかったが、今は鯖が増えたから告知も増えたってこともありそうな気もするし・・・。



おまけ:/.jpの「ラグナロクオンラインもDDoSで断続的にトラブル」スレッド(デフォルト表示)と、ネスト表示
posted by touji at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

Firefox でブログ用にリンク貼りができる機能拡張を求めて

さきほど私が書いた 「Firefox 1.0.3日本語版リリース」に、[ハ]Firefox 1.0.3 の拡張機能の不具合::キミガタメ「ハ」からトラックバックをいただいて、トラバしてもらえるならもう少し書いておけばよかったかなと思ったりしています。(^^;

Firefox 1.0.3で動かなかった拡張 Copy URL + の今のバージョンは 1.2.2です。
動かないらしいというので(たぶん/.jpで見ました)入れてみたら、やっぱり動かなかったので外しました。(もっと新しいバージョンもあるのかな?それでも動かないらしいけど)

そして、ScrapBook :: Firefox ExtensionはFirefox 1.0.3のリリースにあわせてバージョン 0.15.1 がリリースされたので、古いバージョンを入れていた場合でも拡張機能のバージョンの更新ボタンを押すことでアップデートできるはずです。便利に使っています。


さて、Copy URL+が機能しないわけだが、先の「キミガタメ「ハ」」さんの記事に書いてあったJavaScriptActionsも使えなくなっているという話を見て、別のものを探してみることに。
この手の拡張機能を使うとブログを書くときにリンクを貼るのが、HTML手打ちに比べると格段に楽になるはずだ。

しかし、先ほどmozilla.orgのextentionページにめぼしいものがなかったような記憶があるので、Tabbrowser Extensionsのpiroさんのページを探してみたら、ContextMenu Extensionsという、目的の機能が入っているextentionを発見。
これをインストールして、カスタムスクリプトに「No.1 現在のページへのリンクを生成」を登録。No.2の「選択範囲をHTMLとして引用」も有用そうです。
このExtentionをしばらく使ってみようと思います。

ただ・・・、このContextMenu Extensionsは、そのためだけに使うには仕様がとてつもなく重装備。ユーザスクリプトを作れる人向けのカスタマイズができるようになっていて、一般ユーザに勧めるのは危険かもしれません。w
この重装備仕様でどこまでできるのか、私にはさっぱりわかりません。理解する気も起きません。orz

以下はおまけ。Firefox 1.0.3 で動作する、今私が使っている extention のリスト。

続きを読む
posted by touji at 00:48| Comment(0) | TrackBack(2) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

メモ:北京の情勢についてのブログ

2ちゃんねるで見つけた以下の日記をめも。

http://beijing.exblog.jp/
ぺきん日記

http://plaza.rakuten.co.jp/beijing/
北京ビジネス最前線
posted by touji at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Firefox 1.0.3日本語版リリース

最初に書いておくと、Firefox 1.0.3は1.0.2に対して拡張機能(Extention)周りに大きな修正が入ったらしく、今まで使っているExtentionがうまく機能しないことがあるので注意しましょう。
Copy URL+ や Scrapbook で動かなくなったという報告がありますが、試してみたら確かにCopy URL+は動かない。Scrapbook は普通に動く。他の多くのExtentionも問題なく動くのではないかと。

〜〜〜

他に、1.0.3では、1.0.2以降のsecurity fixが入っています。以下を参照の事。

Known Vulnerabilities in Mozilla(英語ページ)
/ Mozilla における既知の脆弱性(日本語ページ)

〜〜〜

昨日のうちから気の早い人たちがリリースされたと書いているが、mozilla-japanが正規の方法で配布を始めた時をもって(正式)リリースというべきなので、その意味ではまだFirefox 1.0.3日本語版は(正式)リリースされていない。
(これを書いている現在、まだ1.0.2日本語版のダウンロードになっている。)

但し、日本語が使えるブラウザでmozilla.orgに行くと既に1.0.3日本語版を普通にダウンロードできる。その意味では正式リリースされたと言える。
また、Firefox 1.0.3英語版は既に日本時間で昨日のうちにmozilla.orgがリリースしていたと思う。

UserAgentは以下。
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP; rv:1.7.7) Gecko/20050414 Firefox/1.0.3

続きを読む
posted by touji at 17:24| Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

FFXIのサーバが連日DoS攻撃食らっているらしい

FFXIのサーバがここ数日不安定で特に昨日はしばらく落ちていたのは、何処からかDos攻撃を食らっているためらしい。そこで以下記録しておく。

http://www.playonline.com/ff11/polnews/news4409.shtml
第三者からの攻撃によるプレイオンライン障害について
(重要なお知らせ 2005.04.15(金) 23:00 From: プレイオンライン)

---(引用開始)---
今回の障害原因は、不特定な第三者による弊社プレイオンラインサーバー群を狙ったDDoS攻撃と判明しています。その特徴から、明確に弊社ネットワーク設備およびサービスへの悪意ある攻撃と判断し、弊社技術者による可能なかぎりの対策が行われておりますが、手段を変え攻撃が断続的に続いております。

IPアドレスの偽装により攻撃元が特定できず、弊社単独での解決が困難であるため、上位インターネット接続事業者と協同して調査を進めるとともに、日本、米国および欧州の各拠点において警察当局に被害を受けている旨を通報しております。

当局の活動の妨げにならぬよう、またさらなる第三者の攻撃を誘発する可能性など、保安上の理由により現在まで事実の公表を差し控えておりました。しかしながら度重なるサーバーダウンにより、プレイオンラインサービスをご利用いただけない状況を重く受け止め、公表する判断に至りました。
---(引用終了)---

さらに・・・

http://www.playonline.com/ff11/polnews/news4424.shtml
ゲーム内の断続的な通信遅延について
(一般情報 2005.04.16(土) 20:30 From: ファイナルファンタジーXI)

時間からすると、どうも日本時間の夜にDoS攻撃が多くなるんでしょうか?
今日もまだDoS攻撃が続いているようです。きっとまだまだ続くんでしょう。どの方面からアタック食らってるか、この情勢下では簡単に予想がつきますね。

(私FFXIは解約していて、6月にお金払わなかったら■eの建前的にはキャラが消えます。)
posted by touji at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

OpenOffice.orgを認め始めたM$

オープンソースのOfficeソフト(スイーツ) OpenOffice.orgM$がライバル視し始めたようで。Linuxが有名になり始めた頃の反応と同じではないかな?
私はVer.1.0前後の頃からCalcしか使っていないので、ちょっと詳しいことは、

http://usami-k.seesaa.net/article/2946351.html
マイクロソフトが OpenOffice.org をライバル視(「usami-k 雑文配信」4/14)
あたりを読んだ方がよいでしょう。

もっと詳しいことは、そこからもリンク貼ってある以下のブログで。
http://www.catch.jp/blog/blosxom.cgi/news/a20050413.html


先日一般にアナウンスされた2.0beta(1.9.79)より新しいテスト版1.9.93が現在出ている。これから1.9.91から入れ替えてみようと。M$ Officeのファイルがどれだけ2.0系で読めるようになるのかいずれ試したいと思っています。

1.1.4も入れてますけどね。あれはパワーポイントファイルを食わせたら見事にエラーを吐いたこともあったかな?w でも、オープンソースであれだけ機能したら、M$ Office使うのがあほらしいですよ。Word/Excel/Powerpointのどれを取っても昔からのバグを放置してくれていて、使っていると時として非常にいらいらします。(バグなのか仕様なのか判断できない事も・・・)


そういえば、
http://usami-k.seesaa.net/article/2946512.html
OpenOffice.org の脆弱性対応(「usami-k 雑文配信」4/14)
という記事もありました。修正自体は終わってるのね・・・。
posted by touji at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

台湾で日本人技師のドラマが作られるそうだ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050413-00000031-san-int
八田與一氏、台湾でドラマ化 水利事業に生涯尽くした技師

(元はサンケイの記事らしいが、ウェブでは見あたらず)

台湾で最も尊敬されている日本人かもしれないそうです。

ちゃんと作ればいいドラマになるのかも。作り方によってはプロジェクトXぽくなるが、きっとそれはない。

ただ、「夫人役に松田聖子さん」・・・ええか〜?ええのんか〜??w
posted by touji at 22:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海賊版の国の反日デモ

歴史的にモラルが存在しない中国(「中華」という言葉そのものが尊大な感じ)についての最近の記事特集。いやもう腹が立つやら馬鹿馬鹿しいやら。

http://ez.st37.arena.ne.jp/special/special0032.html
【特集】中国反日デモ

http://www.asahi.com/special/050410/?t
中国・反日デモ

やはりというか、日経(NIKKEI NET)には中国ビジネスという特集しかないらしい。
読売新聞は特集自体が少ない感じ?記事の数はあるけど。

MSN毎日新聞はMSNに食われた時点で既に用済み・・・と思ったものの、一応見てみると2日前の記事は既になさそう。反日デモの話は特集に組まれてないので、すぐ消えていくのだろう。やはり役立たず。

政府による報道統制と都合のよい反日教育を続けていれば、そりゃあ根拠のない反日デモも起きるわなあ。(それは韓国についても同じことで)
中国はもう一度分裂した方がいいと思う。w
チベット問題とかどうなのよ。他にもいろいろあるでしょ。そういう問題。


(4/14 0:50追記)
宮崎氏のMM(リンク貼ってます)では新聞(特に日経)で触れない中国のいろんな出来事を書いていて、非常に興味深い。
つい先ほど配信されてきた本日分のメールのタイトルは「中国の若者よ、“反日”活動などやっている場合か/農村に拡大する反政府暴動は「黄巾党の乱」と様相が似てきた」でした。
posted by touji at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

Seesaaの鯖は軽くなるか?(と見せかけて別の要望をしてみるテスト)

最近この時間のSeesaaは重くて書く気が起きなかったが・・・


突然ですが、Seesaaの中の人に要望。「インターネット」ジャンルのサブメニューにspamカテゴリの追加を検討してもらえませんか。(理由は後ほど)
と、どさくさに紛れてSeesaaへの要望を本文の最初の方に書いてみるテスト・・・


http://info.seesaa.net/article/2920206.html
2005年04月12日 緊急メンテナンスのお知らせ

お。19時半からメンテ来てたらしい。さて、今書いてみて軽くなっているかな・・・?

だめだ。投稿完了まで軽く1分以上かかってるよ。あまり変わってない。orz
中の人がんばれ。それはそうと・・・

spamカテゴリがほしいと考えるわけは、インターネットカテゴリにspam関係の記事が半分くらいあって、迷惑な感じがするから。今日の場合、最新50件の記事の一番古いのが24時間弱前で、spam関係のがざっくり数えて28件。半分超えてるし。orz
spamネタが別カテゴリになれば、他のインターネット関係の記事がこのカテゴリページにもっと長い間生き残っているはずなので、もったいないなあと。

今やインターネットの風物詩であるspamを晒して笑いたい気持ちはよくわかるので、spamカテゴリを別に作ってほしいと思います。

個人的にはカテゴリに表示する記事総数を倍にしてくれてもいいんですが、いや待てよ。100件はちと長いか?

以上、Seesaaへのたれ込み口がわからなかったので、こんな形でトラックバックしてみるテスト。w
posted by touji at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムーア氏の「お宝買います」

http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/04/12/1027254&topic=40
幻の逸品買います!「ムーアの法則初出誌」

1965年に論文として発表していたんだ。知らなかった。
探しているのは当のムーア氏、法則を作った本人。

pdfがintelのページからダウンロードできて、思わず「へえ〜」。


シリコンバレーのどこかに転がっているのではないかと思うが、無理かな。intel以上に古い企業で今も続いている所ってそうそうあったもんじゃなさそうだし、それ以上に売ってくれる御仁がどこにいるのかが問題っぽい気がする。

・・・日本の神田町で該当の号が売られてたら笑う。(^^;


(4/16 21:00追記)
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20082801,00.htm
「インテルに図書館関係者が激怒--さっそく紛失した「ムーアの法則」初出雑誌」(4/14)

この記事によると、アメリカの大学工学部の図書館から該当する号を持ち去ったやつがいるらしい。あーあ、なんてことを・・・。
posted by touji at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

フィッシング詐欺対策のActiveX導入ってなんか違うような

「サーバ管理者日誌」4/4と4/5のエントリ

http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200504a&to=200504040#200504040
「セキュリティのため」ActiveXコントロールの導入を勧めるUFJカード

http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200504a&to=200504041#200504041
続・「セキュリティのため」ActiveXコントロールの導入を勧めるUFJカード

には、nProtectというセキュリティソフトを導入した銀行のページについて、そのソフトを導入しても問題の解決には全くなっていないという事とその理由が詳しく書いてある。

先日からニュースになっている元の、銀行側のリリースは以下2つ。(東京スター銀行の話はどこからのリリースかよくわからないけど…)

http://npro-shop.jp/docs/direct/news/news_050324.html
「東京スター銀行ホームページ」フィッシング詐欺対策機能を持ったnProtect Netizenサービス開始 (3/24)

http://www.ufjcard.com/release/release081.html
UFJカード、ホームページのセキュリティを強化〜フィッシング詐欺対策機能ツール導入〜 (4/4)

これと似た手法で動作するセキュリティソフトをいくつも(どんな製品が世の中にあるのか知らないけれど)インストールしたら、PCが不安定になりそうな気がするんですけど。ウイルス対策ソフトでも競合製品が入っている場合にはそれをアンインストールするように書いているはずですから…。

安直なソリューションに走っている銀行があるという事のようだ。そのうちフィッシング詐欺とは違う形でも、そんな銀行のユーザは被害を受けそうな気がする。


それにしても、韓国企業ってActiveX好きなのかな。MMORPG「マビノギ」のページに行ったらActiveXの導入を要求されるし、その運営元のNEXONもそうでした。
(なお、私はマビノギはすぐ飽きてしまってやめましたw)
posted by touji at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公証人印を悪用する架空請求詐欺の新手口に要注意

http://www.mainichi-msn.co.jp/it/network/news/20050404org00m300081000c.html
架空請求:公証人印悪用の新手口 法務省など注意呼びかけ (2005/4/4)

---(引用開始)---
出会い系サイトなどをめぐる架空請求問題で、本物の公証人の印が押された請求書が送り付けられるケースが相次いでいることが分かった。悪用されているのは公証人の確定日付印。
・・・
国民生活センターや法務省は「確定日付印があるだけでは公的な債権証書ではない。身に覚えがない請求に応じる必要はないが、不安に思う場合はセンターや警察に相談してほしい」と呼び掛けている。

---(引用終了)---

法務省の告知は次です。(法務省ホームページによると、2005/3/11公開らしい)

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji83.html
公証人の確定日付を悪用した架空請求にご注意ください

このページから「法務省(サービサー関係)」の右にあるリンクをクリックで次のページに飛びます。(法務省ホームページによると、2003/12/16公開らしい)

http://www.moj.go.jp/KANBOU/HOUSEI/chousa19.html
債権回収会社と類似の名前をかたった業者による架空の債権の請求にご注意ください

そのページの下の方に

http://www.moj.go.jp/KANBOU/HOUSEI/chousa19-1.html
「債権回収会社を詐称している等との情報の提供があった業者名の例一覧」

というページへのリンクがあります。悪質業者のブラックリスト。でも、最近のデータはあるのだろうか。
posted by touji at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

スパイウェア対策ソフトが必須ですね…

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/04/05/7138.html
米SANS、大規模なDNS書き換えを行なう「DNSポイズニング」攻撃の概要を公表

3月25日には2番目のDNSポイズニング攻撃が確認され、この際には「.com」ドメイン全体が特定のサーバーにリダイレクトされるように書き換えられた。

とか、
3月25日から4月1日にかけては別のDNSポイズニング攻撃も確認されており、これは最初の攻撃と同様にスパイウェアをインストールさせることを狙ったものだという。


とか・・・。
2番めの攻撃の場合は、どの.comドメインのサイトを見に行ったとしても違う特定のサイトに誘導されてしまうし(もちろんアクセスしたDNSサーバがバグを突かれて書き換えられていた場合)、そこでブラウザのバグを突かれたらスパイウェアをインストールされて、乗っ取られてしまうわけで。
ユーザ側では違うサイトに誘導されてしまう事については手の打ちようがないのが恐いですな。ウイルス対策ソフトだけでなく、スパイウェア対策ソフトのインストールも必要ですよ。

私はスパイウェア対策方法が多数載っていることで有名な「被害対策の部屋」(変なフィルタにフィルタリングされないため、あえてサイト名を一部省略させていただき…(^^;))を見てSpywareBlasterを入れました。実績があるし、無料なので。

ウイルス対策ソフトにもスパイウェア対策機能を持っているものがあるのだが、そのへん効果のほどはどうなのかな。
posted by touji at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お気に入りリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。