2005年05月31日

新しい日本語「カカクメソッド」

このエントリは5/17に書いた、価格.com クラック事件(現在サイト閉鎖中)の続きだったりする。

新しい言葉が続々と生まれているようです。今度は「カカクメソッド」

はてなダイアリー - カカクメソッドとは
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%ab%a5%ab%a5%af%a5%e1%a5%bd%a5%c3%a5%c9

以下、前半部分を引用。

管轄するインターネットサービスに外部からCrackがあった場合、その事柄について以下の様な論法を用いて自社の信頼を保とうとする手法のひとつ、またその理論。

この手法を使うものは、主に以下のような行動(言動)をとる。

* クラックされた瞬間のある時間軸内において「過失のない十二分なセキュリティが行われていた」と公言する
* サイトは一時期閉鎖、適当なタイミングでの再開を行う
* クラック手法に対する詳細は一切報道しない

セキュリティホール memo(5月31日分)によると、「初出: 賢しいんじゃなくて小賢しかったのね? (Lucrezia Borgia の Room Cantarella, 5/27)」らしい。


関連記事(追加)
NetSecurity - 大手サイトの「4つのやりません宣言」 サイバーノーガード戦法を超えた必殺のサイバークロスカウンター! (5月26日)
https://www.netsecurity.ne.jp/1_2937.html

以下、一部引用。


・サイバークロスカウンターの手順
 1.「適切」なセキュリティ対策を実施。
  某大手サイトは自社のセキュリティ対策を「適切」と表現していた。どのようなものが「適切」なのかは筆者の理解の範疇ではないが、結果論からいうと少なくとも第三者に悪意ある行動を許容するおおらかさをもったセキュリティ水準ということなのであろう。
 2.攻撃を受けたら被害防止よりも犯人特定を優先した行動をとる。
  情報が漏洩してもそれは個人情報ではないと言い張る立場をより明確にする。
 3.IPAと警察に連絡して「被害者」という立場を明確にする。
 4.「4つのやりません宣言」を発表し、なにもなかったようにサービスを再開する。
 5.犯人を捕まえられなくても批難を受けないように、セキュリティ業界の有名人に協力を要請する。
 6.数ヶ月たってほとぼりがさめたら、完全になにもなかったことにする。
  セキュリティ業界の有名人には謝礼を払うが、「最高」のセキュリティ対策を構築、維持する費用に比べたら格安である。
posted by touji at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今個人的に使っているFirefox拡張(長文注意)

あるFirefox拡張の古いバージョンをアンインストールして、Firefoxを再起動せずに先ほどの拡張の新しいバージョンをインストールしたら、どの拡張も普通の方法でアンインストールできなくなってしまった。(Firefox 1.0.4使っているわけですが、Firefoxの問題か拡張側の問題かはわかりません)
仕方がないので拡張を全部インストールし直したのだが、そのついでに今入れている拡張のメモをまとめてみた。以前もこんなの書いたけど、今回のは一応満足している組み合わせ。


<前書き>

・同じような機能を持つ拡張は極力インストールしない方がよい。
・拡張をインストールするほど、拡張同士でキーバインドや機能が衝突する
 可能性が高くなる。
・リンクはMozilla Updateに貼るのを基本としているが、最新版がそこにない場合は
 よく更新されているページに貼っている。
・以下の全部の拡張がMozilla Updateにあるわけではない。
Firefoxまとめサイトもじら組フォーラムなども参考に。
・動かなくなったら、FirefoxをSafe Modeで動かすこともできます。Windowsなら
 スタートメニュー以下にFirefox(Safe Mode)というアイコンが登録されています。
・日本語対応していない拡張は英語で表示されます。泣くな。


*** ここで一度文章を分けておかないと、Sageで読んだ時に死ねるので分けておく ***

続きを読む
posted by touji at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

鳥インフルエンザは今年も・・・(2)

26日に書いたエントリ「鳥インフルエンザは今年も・・・」で紹介した、Sasayama’s Weblog 187 ヒト感染の鳥インフルエンザは、本格的に世界流行の段階へ突入にも追記されているが、

中国で既に120人以上が鳥インフルエンザで死亡した模様。鳥インフルエンザの発生は4月中旬と言われているらしい。
この感染拡大が理由で(そういえば中国では牛の口蹄疫も拡大中らしいが)中国の副首相が急に帰ることになったのだという話がある。ちなみにもう一つ囁かれているドタキャンの理由は軍部からの圧力を回避するためだとか。
それはともかく、防疫関係者まで隔離されるはめになってしまったらしい。
以前発生した時と全く同じことを繰り返しているような・・・中国やばい。ま、前からそうなのか。

ベトナムあたりでも感染者がいるようだ。

このへんの話は日本国内ではまだ報道されていない。
いつ報道されるのだろう?



ああ、それにしても1時間ほど前、このSeesaa鯖が異様に重かった。
全然反応がなかったのは辛いなあ、と言いつつ書きまくってるわけですが。はあ・・・
posted by touji at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「呉儀る」(ごぎ-る) [動詞]

先日急遽帰国した中国の副首相の話より、新しい日本語が生まれました。:-)

『呉儀る』(ごぎ-る)=『自分で設定を頼んだ会議などの約束を自分の都合で一方的にドタキャンすること』。または『そのことについて反省せずに相手のせいだと言い張ること』。

出展:
殿下さま沸騰の日々『てめーらなめんなよっ!』:今日のオマケ(5月25日)
http://blog.goo.ne.jp/takkie0516/e/c4472ce6139c01cc2cc96c185a21772f

使い方は、リンク先をご覧下さい。(^_^;


やはりつい最近できた類義語の動詞で「あびる」(あび-る)(あ-びる)がある。
「物を盗む、万引きすること」「それを話の種に使い、反省しないこと」「集団窃盗をして店をつぶす」などの意味があるらしい。

注:同音異議の動詞に「浴びる」(あ-びる)がある。


どっちが流行語として残るだろう?w
posted by touji at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OZmallのサーバにはkakaku.comと違うウイルスが侵入したらしい

先日サーバを閉鎖していることが明らかになったOZmallのサーバもウイルスに侵入されたとの事。「リネージュ2」のIDを盗むウイルスでした。
ちなみにちょっと前の価格コムの時は「リネージュ」(リネ1)を狙ったウイルスでした。

【続報】OZmallにアクセスしたユーザーにウイルスがダウンロードされた可能性
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20050528/161663/

ウイルスの名称は「PWS-Lineage」。価格.comのサイトに埋め込まれたウイルスとは異なる。現時点ではMcAfeeのVirusScan,アンラボのV3ウイルスブロック2005の最新のパターン・ファイルのみが対応している。


というわけで、このサイトを使っていた方は以下のページもどうぞ。

マカフィー株式会社--セキュリティ情報--
http://www.mcafeesecurity.com/japan/security/virPQ.asp?v=PWS-Lineage

それから先ほどのIT Proの記事の結びは以下。

OZmallは5月30日の復旧を目標としている。不正アクセスの原因については「類似の不正アクセスを招くおそれがある」として公表していない。


kakaku.comに続いてまたですか。
サーバに侵入された原因が技術的に未知の脆弱性でもない限りは、素直に対応できていなかった事の非を認めて、社会全体でサーバの防衛方法を共有した方が普通に考えるといい。
上に立つ者の危機意識が薄かったのだろうか。それとも未知の脆弱性でも見つかったからなのか。

(以下、5/29 23:20追記)
以下のような記事もあるので、リンクしておく。

ITmedia エンタープライズ:Webアプリの脆弱性はほぼすべてのWebサイトに存在、ラックがレポート公開
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0505/25/news038.html

調査会社の宣伝めいた部分もないでもないが、実際そういう話があるのではしょうがない。ウェブで商売したいのなら、脆弱性のチェックができる専門家の力を借りろということです。
posted by touji at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

韓国はついに崖っぷち

韓国は大統領が無能で、国が落ちぶれる所まで落ちぶれている。国際的な信用も既にない模様。

アジアの真実 :・日米から見放される韓国 〜盧武鉉大統領の失政〜
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/23109881.html

日本外務省の谷内正太郎事務次官の非公開の場での発言がずっと後になって韓国でなぜか報道されて、日韓関係にさらなる悪影響を及ぼしている。

国際関係に影響を与えないように個人的な意見として発言したと思うのだが。
でも、谷内事務次官は間違ったことを言ってない。むしろ政府中枢から非公式とはいえそんな発言が出てくるほど状況が悪化していることが問題なので。


朝鮮日報5/27「【谷内事務次官の発言】政府、なぜ発言15日後の「強硬姿勢」?」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/27/20050527000004.html

記事入力 : 2005/05/27 07:47

【谷内事務次官の発言】政府、なぜ発言15日後の「強硬姿勢」?

 大統領府と外交通商部は26日、谷内次官の発言について異例の厳しい態度を示した。腑に落ちないのは、谷内次官が発言してから15日目にして、対応に乗り出したことだ。

 金晩洙(キム・マンス)大統領府スポークスマンは、同日の懸案点検会議が終わった後、予定になかったブリーフィング(状況説明)を自発的に行った。そして外交的に異例の発言を繰り出した。

 金スポークスマンの「韓米の信頼問題に言及するとは身の程知らずも甚だしい」という言葉も外交的に「こらしめてやる(金泳三(キム・ヨンサム)元大統領の発言)」と同様な破格の言葉だ。

 「大統領の意志でなければ、スポークスマンがそのような発言をするのは無理」という見方もそこから来ている。

 同日の大統領府会議では、「日本が事態の深刻性に気づいていないようだ」「この問題をこのままうやむやにしてはならない」という意見が多かったと伝えられる。そうした観点でこ同日のこのような対応になったという。

 大統領府会議が終わった後、外交通商部も急に奔走し始めた。 ?揆亨(イ・ギュヒョン)スポークスマンも予定になかった公開ブリーフィングを通知した。ただちに記者たちから「昨日までは反応しなかったのに、どうして今さら」という質問が出た。

 谷内次官が問題の発言をしたのは、今月11日朝のことだった。

 その直後、駐日韓国大使館から関連内容の報告を受けた外交部は、駐韓日本公使を呼び、抗議の意を伝えた。駐日韓国大使館も遺憾を表明した。それで終わりだった。

 ところが、2週が過ぎた24日、いくつかの朝刊新聞によって谷内次官の発言が報道された。

 引き続き、25日夜テレビニュースでこの問題が大々的に報道されたのに続き、26日には他の朝刊新聞もこの問題を報じた。

 すると、状況は完全に変わった。大統領府が激怒し、日本に対し「身の程知らず」「相応の措置を取れ」と求めた。

 韓日首脳会談のキャンセルまで取り上げられる状況に一変した。24日に「すでに11日に遺憾を表明している」という報道参考資料を出した外交部も26日再び対応に乗り出した。

 新聞に報道されなければ、重大な問題も非公開でうやむやにし、新聞に報道されれば、同じ問題にも後になって怒る有り様だ。

 こうした経緯から、問題の本質より、メディアに報道されたかどうかによって重大な政策が左右されているという指摘が出ている。

権大烈(クォン・デヨル)記者 >dykwon@chosun.com


最近の韓国にしてはずいぶんと冷静で正確な判断ができている記事だ。ただ、どうにもならない所まで来てやっとこのような記事を発しても、残念ながらおそらくもう遅い。

6月10日に米韓首脳会談がワシントンで行われるらしいので、その時に韓国はアメリカにつくのか北朝鮮につくのかの最後通牒を突きつけられるのでしょう。ノムヒョンどうするのだろう。

韓国に未来はあるんだろうか・・・というか、もう韓国は正直どうでもいいんだが、東アジア情勢がノムヒョンという男に左右されるというのは、人類の「緊急」レベルの脆弱性だよ・・・。


(Windows Updateのようにワンクリックで人類をアップデート・・・と書いて、とっても恐い絵図を思い浮かべてしまった。)
posted by touji at 11:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FFXIのサーバがまた(某国からの?)DDoSアタックを食らって落ちていたらしい

要約すると、また日本のオンラインゲームのサーバがどこか(攻撃をしたPCは世界に分散している)からのサイバー攻撃で落とされた、という話です。
(普通この手の話は「オンラインゲーム」のジャンルに分類するのだが、あえて政治方面に話を振っていますので簡単な解説をつけてみました。)

FINAL FANTASY XI
http://www.playonline.com/ff11/polnews/news4682.shtml


全ワールド ログイン障害復旧のお知らせ(5/27)

下記日時におきまして、不特定の第三者によるDDoS攻撃の影響により、ファイナルファンタジーXIにログインできない障害、およびサーチ機能と競売が利用できない障害が発生しておりました。現在は復旧しており、通常どおりプレイできます。

2005年4月から断続的に発生しているDDoS攻撃に対しては、引き続きサーバーの監視を強化し、多方面からの協力を得ながらの調査、対策を実施してまいります。

皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

             記

日 時: 2005年5月28日(金) 16:00頃より21:00頃まで

原 因:不特定の第三者によるDDoS攻撃の影響

対 象:ファイナルファンタジーXIをご利用のお客様


このDDoSアタックは26日の森岡政務官のA級戦犯発言に対する抗議かな?
わかりやすい・・・。

でも、お宅ら(大陸)のRMTプレイヤーも一緒に巻き込まれてますよ?
FFXIのサーバは全世界で一カ所ですからー。

※RMT=リアルマネートレードの略。
 詳しくは http://ja.wikipedia.org/wiki/RMT などを参照。
 FFXIの場合、本来いないはずの中国人RMTプレイヤーの集団がレアアイテムを独占したことが発端でインフレが加速したことがある。(それが原因で雰囲気が悪くなるということも)
posted by touji at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

中国の主張っぽいspamメール

日本においては「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」によってspamメールとは何かが法的に定められている。例えば以下のページには主な条文が載っている。

基礎知識 特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(総務省)
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/security/kiso/k05_08.htm
(ちょっと探せば法律全文もあります)

このページの説明は以下の文から始まっている。

「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」は、利用者の同意を得ずに広告、宣伝又は勧誘等を目的とした電子メールを送信する際には「未承諾広告※」と表示しなければならないことや、拒否者に対しては送信してはいけないなどの規定を定めた法律です。



ところで、中国から自国の主張を日本語で説明したspamメールが来たんですよ。

Fromにメールアドレスがない。
Subjectは文字化けして意味不明。
「Reply-To: ch*nam*rkejp@s*hu.com」(一部伏せ字)が設定されている。
本文は日本語がわかる人が書いたようではあるが、まだ言葉がおかしい所が散見される。文章そのものは企業の定期刊行物の宣伝の形を取っている。本物かどうかは知らないが、企業のお偉いさんが見たら本物と思うかもしれない。(ちょっと文章おかしいけどそう思うかも・・・)
大きなWordファイルが添付されているが、ファイル名が化けてます。

テキストメールとして読んでいるので、Wordファイルの中身は見ていないが、書いてある文章自体は同じなのだろう。で、何が書いてあるのかというと、日中関係を軸とした今後の世界情勢についてのレポート。日本に対する心理戦をしかけてきたと思われる。
つい1、2日前に中国のネット工作員がいるというニュース記事がいくつかのメディアに出てたけど、これもその一環かな?

ついでだから、そのメールの中身を晒しておこう。:-)(一部伏せ字)

続きを読む
posted by touji at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

鳥インフルエンザは今年も・・・

Sasayama’s Weblog » ヒト感染の鳥インフルエンザは、本格的に世界流行の段階へ突入
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/index.php?p=281

重大事だ。例によって中国は情報を隠していた様子でもあるし。
ここまで状況がひどいと、これが中国の副首相がそそくさと帰った口実になりそうだが、ドタキャンしたあれ以後の他の日程は普通にこなしているのだからそれはあり得ないな。

EUやニューヨーク市もこの件で厳戒態勢に入ったそうだ。
まして、東アジアはすぐそこにある極東の日本。中国あたりと人の行き来を自由にするなんて言ってる場合ではなさそうだが。

まあ、ワクチンは作るのに時間がかかるから間に合わないかもしれないけど・・・作れって事で。
posted by touji at 00:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

Firefox(など)をウイルスバスターのURLフィルタの対象に追加する方法

もじら組フォーラム
ウイルスソフトとブラウザの相性
http://www.mozilla.gr.jp/forums/?mode=all&namber=20533&type=0&space=0&
に紹介されていた次のページ
http://www.geocities.jp/okame_world/my_box/vbas_settei.html
に、ウイルスバスターのURLフィルタの対象にMozillaやFirefoxを付け加える方法が載っていた。OperaやLunascapeも同様の設定が可能かも。

レジストリエディタを使うなどして登録する必要があるので、初心者は手を出さない方がいいだろう。
以下、先のページの内容を引用しておく。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\TmProxy\ProtocolHandler\http\redirect\Firefox]
"port"=dword:00000050
"process"="firefox"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\TmProxy\ProtocolHandler\http\redirect\Mozilla]
"port"=dword:00000050
"process"="mozilla"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\TmProxy\ProtocolHandler\http\redirect\Firefox8080]
"port"=dword:00001f90
"process"="firefox"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\TmProxy\ProtocolHandler\http\redirect\Mozilla8080]
"port"=dword:00001f90
"process"="mozilla"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\TmProxy\ProtocolHandler\http\redirect\IE8080]
"process"="iexplore"
"port"=dword:00001f90



(以下、2005/6/4 22:30追記)
ウィルスバスターの URL フィルタを Mozilla/Firefox で有効にする - えむもじら
http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=20050207_URL_Filter
にも同じようなことが書いてありました。
書いた比較的すぐ後で見つけて、追記しようと思ってそのまま忘れてた・・・。
posted by touji at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すらど

あと、先日日記に触れた話について、slashdot.jpにスレが立っていた。

http://slashdot.jp/security/05/05/24/1019210.shtml?topic=105
セキュリティ: 価格.com、サービス再開へ

http://slashdot.jp/articles/05/05/22/2141250.shtml?topic=65
米、宇宙の広告利用を禁止へ
posted by touji at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR西日本の労組ってどうなってるんだろうな

未だに毎日記事の出るJR福知山線脱線事故の話。

別にここだけに書いてあるわけでもないだろうけど、
http://blog.mag2.com/m/log/0000013290
「JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル」の5月23日号に
JR西日本の労組の話が書いてあったり(労組が4つあって「JR西労」は徹底対立路線で、「JR西労組」は協調路線でとか、事故を起こした運転手は「JR西労組」所属だったとか)・・・。

経営陣の姿勢は問われるべきだが、労組問題は問わなくていいんだろうか。そのへんのニュースをマスコミ取り上げてくれないからさっぱりわからない。
(わかりやすく書いてあるページないかな〜?w ネタ多くてこれ自力で調べるのは後回しなので。)

JR西日本の事故は原因が非常に多面的で失敗学のショーケースにしたい事例かも。
今の日本そのものが脱線している状況を目に見える形で表現したらああなるのではないかとも感じたりして・・・。

ところで、大阪貨物駅北の単線をこれからも特急(「はるか」など)の通り道に使うつもりではないだろうな? JR西日本はダイヤを見直すとか言ってるけど。
あれも相当時間的にシビアなやりくりなんじゃないかと思うが・・・。

ブツブツ
posted by touji at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[非礼な中国]中華思想は世界の非常識と知るがいい

イタイ隣人のことを書きつづるのはこのブログの目的ではないのになあ・・・。
いい加減テンプレートも変えたいんだけど、夜は鯖が重いし。

こんな話が昨日あった。
中国の副首相が日本の仮にも総理との会談をすっぽかして自国へ帰った。いわゆるドタキャン。しかもすっぽかした直後、経団連だったかとの会合(食事会?)にはしっかり出てから大連に飛んだらしい。
国際政治の常識すら無視した非礼で厚顔無恥な振る舞い。後で急用ではなく靖国参拝問題(独立国ならこの手の内政干渉は突っぱねるのが当然)が原因だと前言撤回してたけど。
こういう時にしか小泉首相のことを支持できないのは悲しい。

例えば、以下などに詳しい。

アジアの真実 :・自らの異常性をばら撒く中国の失策 〜呉副首相の会談キャンセル劇より〜
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/22956072.html


(以下追記:5/25 0:05)
日本経団連の会長、つまりトヨタの奥田会長と会っていたと、新聞記事より先に以下で知った。
さるさる日記 - 勝谷誠彦の××な日々。(5月24日)
http://www.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=31174&log=20050524
posted by touji at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

リンク:「中華圏離脱した先人の教訓に学べ」

「中華圏離脱した先人の教訓に学べ」(産経・正論)という文章を転載している2つのブログにリンク。

アジアの真実 :靖国問題 〜日本が中韓に対してとるべき行動〜
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/22845405.html

散歩道 :日本は米、豪、ニュージーランド、インドと同盟すべし
http://kuyou.exblog.jp/1959043

「アジアの真実」の方には「中国や朝鮮などから距離を置くことを主張した聖徳太子と福沢諭吉が二人とも最近のお札の肖像画になっているというのも面白いですね。」とある。
そうだったのか・・・。
posted by touji at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンク:朝鮮人の通名(通称名)に関して

リンクだけです。

見たこと聞いたこと: 朝鮮人の通名(通称名)に関して
http://sunrise-sunset.seesaa.net/article/3847479.html

通名、通称名というのは法的根拠がないのだそうで。
法務省に電話で聞いた(電凸というのだそうな)人による、2ちゃんねるの書き込みの転載。
posted by touji at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Firefox拡張:Target Alert(現在0.7.4だけど、次版に期待)

Target Alert(現在version 0.7.4)は、ウェブページ上のリンクがhtmlファイル以外(もしかすると正確な表現ではないかもしれない)に張ってある場合にその横に拡張子に応じたマークを追加表示してくれる拡張。でも、ON/OFFが面倒なのと、ONにした時に動作が若干遅くなる事と、
あとウェブページを保存した時にその拡張子マークまで保存してしまうことになるのが特に辛いかもしれない。(普通に保存しても、Scrapbook(これもFirefox拡張)を使って保存してもそうなったと思う)

しかし、次バージョンが使えるものになりそうな予感。予告スクリーンショットにある、"Show icons on mouseover rather than appending hyperlinks"のオプションに期待。

ハズれたら悲しいケド・・・。


TargetAlert - Firefox まとめサイト
http://firefox.geckodev.org/index.php?TargetAlert
0.7.3を日本語化したものがある。

なお、Target AlertはMozilla Updateには載っていない模様


(以下、5/23 0:55追記)

Mozilla Update :: Extensions -- More Info:TargetAlert - All Releases
https://addons.mozilla.org/extensions/moreinfo.php?id=230
ちゃんとMozilla Updateに載ってました。orz
posted by touji at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

Firefox拡張:Right Encoding 0.2

しばらく前にRight Encoding 0.1の更新の有無が「ソフトウェアの更新」ボタンで検索できなくなって以来、おかしいと思いつつしばらく拡張から外していたのだが、mozilla updateサイトではなく作者自前のページに最新のバージョン0.2が置いてあった。

a workshop in a mess ? Right Encoding 0.2
http://heygom.com/extensions/?p=17

フレーム単位で文字コードの変更が効くようになったようで、やっと本当に使える拡張になったと思う。但し、ソフトウェアの更新を実行するとサーバが見つからないと言われるのは相変わらずだ。それはまあいい。

しかし、フレームで右クリックしてコンテキストメニューを「このフレーム」>「文字エンコード」と開いた時にチェックの入っているラジオボタンの示す文字コードは必ずしもそのページの物ではないようだ。その辺りの動作がまだ微妙ではある。
(例えば、ISO-2022-JPでエンコードしているBecky!2のリムアーツのトップページに行った後で、Shift_JISでエンコードしているRagnarok Squareのフレームありページに行って比較するとわかってもらえるかもしれない。もちろんRightEncodingのチェックボタンを双方のページで見たりいじったりすること。)

作者さんは韓国の人らしいですが、ありがたくいただきます。

最近このブログでは隣国への反感多いけど、日本の諺(^^;にこんなのもあるから。

それはそれ
これはこれ

posted by touji at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

リンク:5月10日「つくる会」記者会見

先日の「新しい教科書をつくる会」の海外記者会見がテキスト化されている。
少しでも広めるためにここにリンクしておく。

テレビニュースなどではこのような会見の内容が正確に伝えられることはまずないので、ネットが使える今ならば、物事の正確な理解のため、扇動に惑わされないために可能ならば原典を見に行くべきだろう。

ぼやきくっくり(5月10日外国特派員協会・つくる会記者会見)
http://kukkuri.jpn.org/kakoboyaki/050513tukurukai.html


以下のブログでこのテキスト化ページの存在を知った。

Adazakura's Weblog: つくる会に吹く追い風
http://www.webee.ne.jp/myblog/archives/2005/05/post_59.html

この会見の中国語版や韓国語版のテキスト化ページがある事や、会見についての感想を書いている。私も同意。他にもこういう感想を書いているページはいくらもあると思います。
posted by touji at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治、歴史など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球の周回軌道上の広告は設置禁止へ

未だ人は宇宙に出ることがやっとだけど、今通勤途中で「第六大陸」を読んでいる途中なので、個人的に中ヒットなニュース。

ITmediaニュース:宇宙に広告は無用――米連邦航空局が規制改訂提案
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0505/21/news015.html

例えば、宇宙企業が巨大な広告を地球の軌道低く設置すれば、月と同じくらいの大きさで望遠鏡がなくても見える可能性があるとFAA。巨大で明るい広告は、天文観測の妨げになるかもしれない。


全くその通りで迷惑なことだ。夜空にいつも広告が見える世界は教育にも日常生活のためにもよくないに違いない。

それはそうと、月や火星の土地売りますって話はどうなのよ。ああいう所の土地は売り買いできるものなのかい?

そういえば、虚無回廊も建設禁止にすべきだよな・・・。w
posted by touji at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MS Wordの個人情報と隠し情報を削除する方法についての公式アナウンス

共に5月19日にマイクロソフトからリビジョン1.0の文書が以下のように公開されています。

かなり以前にどこかの省庁で公開されたファイルから漏れた情報があるとニュースになってたような気がする。個人情報保護法が施行された昨今、改めて機能をアナウンスする必要性を感じたのだろうか。


[WD2003] Word 文書に保存されている個人情報と 個人情報の削除方法について
http://support.microsoft.com/kb/899877/JA/

通常、Word 文書を作成し保存すると、その文書には作成者名や会社名、作成日時などの個人情報がファイルのプロパティとして保存されます。

他のユーザーと文書を共有する際に、これらの個人情報を他のユーザーに知られないようにするためには、文書から個人情報や隠し情報を削除した状態で文書を保存します。

Word 2000 や Word 2003 では簡単に、これらの個人情報や隠し情報を削除し文書を保存することができます。


[WD2003] Word 文書に保存されている隠し情報と 隠し情報の削除方法について
http://support.microsoft.com/kb/900146/JA/

通常、Word 文書を作成し保存すると、その文書には作成者名、作成日時などの個人情報のほかに隠し情報とよばれる情報が保存されている場合があります。

隠し情報には、以前に保存された版の内容や、Word の高速保存オプションで記録された変更情報などがあります。隠し情報を削除しないと、他のユーザーに知られたくない情報が公開される可能性があり、特に、他のユーザーがこの文書を Word 以外のファイル形式で保存し、その文書を別のアプリケーションで開いてしまうと Word の隠し情報がそのまま表示される場合があります。

他のユーザーと文書を共有する際に、これらの情報を他のユーザーに知られないようにするためには、文書から隠し情報を削除した状態で文書を保存します。
Word 2003 では簡単に、これらの隠し情報や個人情報を削除し文書を保存することができます。


情報元はInternet Watch ダイジェストニュース 5月20日分
posted by touji at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お気に入りリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。