2005年05月21日

MS Wordの個人情報と隠し情報を削除する方法についての公式アナウンス

共に5月19日にマイクロソフトからリビジョン1.0の文書が以下のように公開されています。

かなり以前にどこかの省庁で公開されたファイルから漏れた情報があるとニュースになってたような気がする。個人情報保護法が施行された昨今、改めて機能をアナウンスする必要性を感じたのだろうか。


[WD2003] Word 文書に保存されている個人情報と 個人情報の削除方法について
http://support.microsoft.com/kb/899877/JA/

通常、Word 文書を作成し保存すると、その文書には作成者名や会社名、作成日時などの個人情報がファイルのプロパティとして保存されます。

他のユーザーと文書を共有する際に、これらの個人情報を他のユーザーに知られないようにするためには、文書から個人情報や隠し情報を削除した状態で文書を保存します。

Word 2000 や Word 2003 では簡単に、これらの個人情報や隠し情報を削除し文書を保存することができます。


[WD2003] Word 文書に保存されている隠し情報と 隠し情報の削除方法について
http://support.microsoft.com/kb/900146/JA/

通常、Word 文書を作成し保存すると、その文書には作成者名、作成日時などの個人情報のほかに隠し情報とよばれる情報が保存されている場合があります。

隠し情報には、以前に保存された版の内容や、Word の高速保存オプションで記録された変更情報などがあります。隠し情報を削除しないと、他のユーザーに知られたくない情報が公開される可能性があり、特に、他のユーザーがこの文書を Word 以外のファイル形式で保存し、その文書を別のアプリケーションで開いてしまうと Word の隠し情報がそのまま表示される場合があります。

他のユーザーと文書を共有する際に、これらの情報を他のユーザーに知られないようにするためには、文書から隠し情報を削除した状態で文書を保存します。
Word 2003 では簡単に、これらの隠し情報や個人情報を削除し文書を保存することができます。


情報元はInternet Watch ダイジェストニュース 5月20日分
posted by touji at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トリーバーチ 靴 激安 toryburch http://www.ronxqm.com/
Posted by toryburch at 2013年08月11日 04:19
Posted by 交換電池 at 2013年08月13日 04:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3797524

この記事へのトラックバック
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。