2005年06月09日

リンク:ゲーム脳問題最終報告〜さようなら、「ゲーム脳」

かねてから話題になっていた問題の論文の中身を取り寄せて、詳細にツッコミを入れているブログがあります。

ゲーム脳問題最終報告 〜最後に最大のネタを用意していてくれた森教授よ さようなら〜-アメリカ学研究所
http://blog.drecom.jp/scheisse/archive/91

(2003年6月付の原論文も掲載されています。とりあえずローカルに保存した。)

ゲーム脳の論文って、まともに査読されてないし、論文としての形をなしてすらいないらしい。いい加減で論理的でもない論文なので、仕方がありません。
こんなものだったのか、という事が白日の下にさらされてしまいました。w

論文の表1って何さ・・・。(リンク先を参照)

これをベースにした「ゲーム脳」記事が最近散見されるのだが、人は見たいものを見る、ということでしょうか。この場合は人じゃなくて、マスコミ各紙かな。

ゲームをしないような親父世代だとゲームがあるから人間がだめになるんだと納得しやすい、自分には関係ないと思うから。「ゲーム脳」という言葉が信じる者は救われる的な心地よい言葉に聞こえるんでしょうかね。

さようなら、「ゲーム脳」。

しかし、この教授がぶちきれて、このブログ書いた氏が訴えられないかが心配と言えば心配だが。もっともそんなことをしたところで、結局は自らが所属する組織へ跳ね返るだけのような気もしますが・・・。


そういえば、コンピュータゲームは種類が多くてひとまとめにできるものではありませんが、パチンコなら割と同じっぽいので、パチンコと脳波の関係を調べるくらいならあの程度の雑文でもそこそこ物になる結果が得られると思います。
いかがでしょうか>教授


(このエントリについて。
自分のブログの既存の分類に無理矢理入れようとして、記事カテゴリを「ソフトウェア」に入れました。そして、Seesaaのジャンルの「オンラインゲーム」に投げたのはゲーム類のジャンルの中でも活気があってしかも速く流れ去るだろうと思ったからです。
「オンラインゲーム」ジャンルのブログの皆さんスンマソン。(^^;))
posted by touji at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4244995

この記事へのトラックバック
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。