2005年06月12日

PCのメンテでスパイウェア対策ソフトを入れてみた

家族が、あるPCであるプログラムを使っていると動作の調子が悪かったり、プリンタ出力の調子もおかしかったり。
そこで、ウイルスとスパイウェアの検索をしてみた。

ウイルスバスターでウイルス全検索してセーフ。
AntiDoteでのウイルスチェックまですると時間かかって仕方ないのでしなかったのだが・・・。(Antidoteって検査するだけだし、入手方法をわかりやすく書いているページを知らないので詳細は省く。)

Spyware対策ソフトであるSpybot 1.3をインストールしてスパイウェア検索をしてみると、(PCプレインストールされていた)Jwordの残骸とTracking Cookieしか見つからず。
残念ながらJwordの残骸は消去しきれなかった。Spybotの検索結果ではレジストリだけが残っているように見えるのだが、これがSpybotで消そうとすると当のSpybot自身が動作終了しなくなる。処理終了できなくなる理由はわからない。Jwordの再インストール>アンインストールの手順を踏んでも消しきれなかったので、手動で相当面倒な手順を踏む最後の手段しかないらしい。それもやりかけたんだけど、面倒くさくて挫折。ま、大きな悪さはするまいて・・・。
あとはSpybotの検疫機能もONにして、感染防止用にSpywareBlaster 3.4もインストールしておいた。

以上の手順は、スパイウェア対策でつとに有名な「アダルトサイト被害対策の部屋」を参考にした。
また、セキュリティ対策については、「Firewallと森で遊ぼう」で詳しい割にわかりやすく説明されている。


結局これと言って悪い所は見つからなかったのだが、ウェブの検索など、ながら作業でかなり時間がかかった。また、そもそもPCの調子が悪い原因もわからなかった。
CPUは1.8GHzだし、買った時にメモリ512MBに増設してあるし、HDDの空き容量も数GBあるんだけど・・・。

ちなみに自分のPCではSpybotはまだ入れていないけれど、その代わりにウイルスバスターのパーソナルファイアウォールのセキュリティレベルを中ではなく高にしている。ファイアーウォールの動作原理を理解しないと「高」を使うのは無理。頻繁に警告が出て使いづらいと言われるだけでしょうから。(その警告が出るたびに設定を繰り返すことで使いやすくなりますけど。)

ま、スパイウェア対策についての話だけ知らなかった人は適当に参考にしてほしいかなと。
posted by touji at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。