2005年06月12日

Firefox拡張:TargetAlert 0.8.6

(このエントリは今日のFirefox拡張探し(6/4)の続き)

TargetAlert(またはMozilla Update : TargetAlert) の、個人的に本命と思う機能である "Show icons on mouseover rather than appending hyperlinks" がバージョン 0.8.5 で遂に設定できるようになった。
これをチェックすると、リンク上にマウスを持ってきた時に限定して、その横にそのリンクが新しいウィンドウを開くとか、違うサイトへ飛ぶとかを示すアイコンを表示する事ができる。

ここSeesaaブログにおいては、アフィリエイトリンクの上にマウスを持ってきた時に若干変なことになるが、それはちょっとした窓が開いて鬱陶しいアフィリエイトリンクの方が悪いと思う…。

また、0.8.6ではTargetAlertが無視するURLパターンを正規表現で記述できるようになった。

20050612_1.jpg(設定内容はサンプルです)

でも個人的には、TargetAlertの動作全体を一発でON/OFFするツールバーボタンと、説明の日本語対応が欲しい。他力本願で。(^_^;)
ツールバーボタンがついたら、この拡張はもうオススメにしていい気がする。


他には、0.8.2以前から0.8.3、0.8.4の変更で対応するパターンが増えたので、それ以前から使っている場合は一度「Reset Preferences」をクリックする必要がある。


※「他力本願」の本当の意味は他人の力に頼るという事ではない。浄土真宗の教えから出た言葉であるので、辞書などを参照の事。


TargetAlertはこの8日に窓の杜で紹介されてもいましたね。
posted by touji at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google Page Rankを表示する小物2つ

Firefoxいじり?: Google Pagerank Status - あなたのPagerankはいかが? を見て、Firefox拡張(Extention)のGoogle Pagerank Statusを入れてみた。
一種のお遊び的な拡張だが、野次馬気分で使うには楽しい。

そんなのがあるかと思えば、次のようなものもある。

shikencho.com 検索の鉄人 関裕司:Google Ranking Report - PageRank Checker (6/10)では、自分のページにGoogleのPage Rankを表示するJavascriptを紹介していた。
それなりにGoogle先生の評価がそれなりに高くないと使っても辛いような気もするし、高くても使うのは辛いような気もする。他人の目を気にしない人の自己満足用かな?

なお、Page Rankの原理については、Google の秘密 - PageRank 徹底解説 が詳しい。
posted by touji at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

Mozilla Korea、公式アフィリエイトでないのにデザイン真似したと本家コミュニティからつっこまれる

ITmedia エンタープライズ:韓国のMozillaサイトがハッキング被害
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0506/11/news007.html

以下、記事を一部引用。(2カ所)

 Mozillaの韓国語サイトがハッキングされ、改ざんされた。これをきっかけにオープンソースコミュニティーの一部からは、この独立サイトをコントロールすべきだとの声が上がっている。


あちゃー、こんな所から煙が・・・。
世の中何がどう転がるかわかったものじゃないね。


 Mozilla Europe、Mozilla Japan、Mozilla Chinaは同財団の公式な組織だが、韓国語のサイトは財団との正式な結びつきはない。

 結束の固いMozillaコミュニティーの一部からは、財団のチャットルームでこの「高名サイト」のセキュリティに関して懸念の声が上がっており、これがMozillaに直接関連のあるサイトでないことをユーザーに告知する手段について論議されている。


やっぱり、こんな話になりましたか。
先日Mozilla KoreaとMozilla Taiwanを見つけて、あれえ?と思ってたんだけど、本家mozilla.orgのデザインそのままなんだよね・・・。
日本では Mozilla Japan(公式アフィリエイト) ができるよりもずっと昔からある「もじら組」が同じような役割で、元から今のような、mozilla.orgとは異なる独自のデザインだったと思うけど。

やっぱ自国の言葉でMozillaの情報を見たい知りたいと思うし、そんなコミュニティを作る力もあるにはあるKoreaとTaiwan。でも、著作権という概念には弱い、KoreaとTaiwan。
たぶん弱いのではなく、からきし弱いw。

まあ、建設的な方向に話が進んでいってほしいものです。
posted by touji at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

FirefoxのURLをUTF-8エンコードにする設定(Firefox 1.1までのつなぎ)

国際化ドメイン名はpunycodeでasciiコードにエンコードされるので、以下の話とは関係ないと先に言っておく事にして・・・。

Firefox 1.0.4ではデフォルトで
URLにマルチバイト文字が入る場合にそのエンコードが
そのページの文字コードで行われるらしい。

Firefox 1.1以降はデフォルトで
URLにマルチバイト文字が入る場合にそのエンコードがUTF-8になるらしい。

どんな時に影響するのかというと、例えばwikipediaなどでよく見るように
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%AD%E3%83%9A%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2
というリンクを貼った時にUTF-8エンコードを指定しておくと、ステータスバーに
http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィキペディア」
と見えるようになる。

で、Firefox 1.0.4あたりでURLのエンコードをUTF-8に指定するための設定は以下のようにすればよいらしい。

・URLバーにabout:configを入力。(もちろんリターンキーかGoボタンを押す)
・network.standard-url.encode-utf8 を true に変更する。

以下で悩んでいた方の成果・・・かもしれない。(掲示板で聞いてみて解決法が見つかったわけですが。)

OpenCage: Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。
http://opencage.blogspot.com/2005/06/firefox-urlutf-8.html
(TBしようかと思ったのだが、見つからないのでリンクだけ)


「wikipediaはちょっとURLが化けるけど、普通にジャンプできるからいいか〜」くらいな気持ちで今までFirefoxを使ってました。(苦笑)
ちょっと頭をひねればこの設定があるとわかったかもしれないのに。(^^;


ちなみにIEでは5.5あたりから、URLをUTF-8でエンコードする設定が可能になったような記憶がある。なので、普通IEを使っている分にはそんな問題はなかったわけで。
posted by touji at 22:46| Comment(3) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

Firefox 1.0.4のセキュリティホール発見で1.0.5登場確定か?

今日は政治ネタに反応する時間がありません。

スラッシュドット ジャパン | Mozilla/Mozilla Firefoxの脆弱性が再発
http://slashdot.jp/security/05/06/06/1146249.shtml?topic=51

Mozilla/Firefoxに修正したはずのセキュリティ・ホールが“復活”,サイトの偽装を許す : IT Pro ニュース
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20050606/162208/

「Firefox 1.0.4」「Mozilla 1.7.8」に“7年もの”の脆弱性が再発
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/06/06/7907.html

Firefox 0.9 / Mozilla 1.7で修正したはずのセキュリティホールが、最近のFirefox 1.0.4 / Mozilla 1.7.8では復活しているという話。この間のどこかのバージョンで他のどこかの修正をしたついでにこのバグが復活してしまったらしい。

スラドに回避策が書いてあるので、ある程度参考になるかも。


ブラウザのhtml解釈部、いわゆるコア部分なんて巨大で複雑なのだろう。完璧なテストには膨大な手間がかかるのが、頭が痛い所なんだろうと思う。

さすがにこれを契機にnightly buildごとに昔のセキュリティホールが復活しているかをチェックする人が世界のどこかで出てきてくれるのではないかと・・・他力本願なことを考えてみる。(^_^;;;
(注)本当の「他力本願」は違う意味です。えーと・・・

今、Firefoxは1.0.x系のfixは1.0.4で終わったものとして、1.1系の開発を進めている。(その途中でDeer Park Alpha 1が開発者用にリリースされた。開発者用という言葉の意味がわからない人の使用は激しく非推奨。)
しかし、その1.1が一般向けリリースになるのは、ロードマップをちゃんと読んでいないからわからないけれど、楽観的に考えると7月か8月か。ちゃんと知りたければ、 http://www.mozilla.org/roadmap.html を見れ、としか言えないけれど、これとて厳格なスケジュールで動いているわけでなし。
だから、今回再発したバグを修正した1.0.5を先に出すのではないかと個人的に予想。

ちなみにこのバグ、IT Proの記事では「IEについては,修正パッチなどが提供されないまま現在に至っている。」だそうです。そもそも初めから修正してなかったのか。おい。
posted by touji at 01:26| Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

IEの穴を思い出してしまった

正確には思い出してしまったのではなく、たまたま見に行ったページに書いていたのだけど・・・

IE-SPYAD 導入の手引き スパイウェア対策の基本と IE-SPYAD クイック導入ガイド
http://www.geocities.jp/iespyad_jpn_manual/quick_guide/txt.html

より。

ただし、セキュリティレベルが「中」 (またはそれ未満) の状態では、「クリップボード」の中身を読み取られてしまう「機能」を IE は持っています。この点が大きな問題として語られることはないようですが、気になる場合は下記の設定を終えたあとで、該当ゾーンの「レベルのカスタマイズ」から「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を無効にします。

参考 : Internet Explorerの「スクリプトによる貼り付け処理」機能の能力を検証する (産業技術総合研究所 高木 浩光 氏)


2001年11月に書かれた高木氏のこのページによると、この機能はIEの設計に含まれるものであるため、セキュリティホールではないそうです。
今、パッチを全部あてたIE 6 SP2(もちろん現時点で最新のIEである)でこのページにアクセスすると、しっかりクリップボードの中身を盗み見られましたが表示されました。
やっぱりこれって機能なんですね。はは は  は・・・

これを防ぐ方法は、上記の高木氏のページやWindows クリップボードの内容を保護する方法(Microsoftサポート)にあるように、IEのセキュリティゾーン設定で「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「無効」または「ダイアログを表示」にすればよいです。

そこで早速(遅いがな)設定。

IE7でもこの「機能」は踏襲されるのだろうか・・・?



ところで、IE7はWindows2000に対応しないなんてMicrosoftのIE Blogに書いているそうですが、結局は対応するはめになると予想してます。Windows2000は割と安定性が高いよくできたOSですから、次世代のOSへの乗り換えが遅くなるかもしれません。企業ユーザも多いでしょうし。
posted by touji at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mozilla Taiwan なんてあるんですね

前のエントリに書いた、Firefox拡張AdBlock Plus / Adblock Ghastly Whitelist HackのページでMozilla Taiwanがあるのを知った。
そんなページあるんだ、見たことないなと思って、行ってみた。

mozilla.orgと見かけがそっくり。
翻訳サイト通しても、訳文がこれまたわからないだが(苦笑)、mozilla-japanのようにmozilla.orgの公式アフィリエイトではないのかもしれないな。

Mozilla Koreaもmozilla.orgと同じデザインだけど、公式アフィリエイトではないようだ。

Mozilla Chinaは公式アフィリエイトだ。(なお、ここを見に行くという行為はつまりかの国の金盾の内側にアクセスするわけで、とってもアレな予感が・・・。アレなのでやめます。)

実はChina版があるからTaiwan版が虐げられているのかと思って、このエントリを書き始めたんだけど、これについては思い過ごしなのかもしれない。
せっかくここまで書いてきたのにもう一つの公式アフィリエイトを残すわけにはいかない。で、次。

最近、Mozilla Europeも公式アフィリエイトになったようだ。15カ国語で提供しているのはさすがですね。(つい先週あたりにEU憲法の批准がフランスと確かオランダでも否決されてEUというヨーロッパ統一が遠のいているけれど)

ところで「金盾」とは何そや?
それについては、次のエントリにて。


(以下、6/11 23:05追記)
mozilla.orgの公式アフィリエイトの方の話の続きは6月11日の「Mozilla Korea、公式アフィリエイトでないのにデザイン真似したと本家コミュニティからつっこまれる」へ。
posted by touji at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Firefox拡張:AdBlock Plus

前のエントリ(拡張探し)の続きなのだけど、Adblock - Firefox まとめサイト

http://bene.sitesled.com/adblock.htm
AdBlock Plus / Adblock Ghastly Whitelist Hack

を発見。「AdBlock Plus 0.5.7 Released!」(6/2)だそうです。Adblock本家がバージョンアップするまでのつなぎという位置づけらしい。
従来のAdblockが単にブロックするサイトを指定するだけだったのに対して、ホワイトリストを追加できる。日本語ロケールも組み込まれている。

http://forums.mozillazine.org/viewtopic.php?t=266291
Adblock Plus 0.5.7+ (Unoffical)

は、0.5.7以降の流れを追いかけるスレッド。今は0.5.7が出てきたばかりで特にそれ以降の話は何もない。

また、Adblock用に全世界の迷惑広告のブロック対象リスト?を提供する以下のページもある。

http://www.fanboy.co.nz/adblock/
Ad-blocking and General Annoyances list for Mozilla Firefox

広告なら何でも対象にするのか、悪質なものに絞っているのかよくわからない。
私はここのフィルターリストは使わない事にしようと思う。アクセスした時にこれはひどいと思った広告に出会ってしかも面倒くさく思わない時、または元から明確な理由があって広告が気に入らない広告に出会った時にのみ Adblock のフィルターを追加することにする。
広告もある程度見てあげないと、サイトを無料で見せてもらえなくなったり、特にサイト主氏が個人の場合に更新の意欲をなくす事もありえるから。
(と思う。昔の経験から・・・)


スパイウェアを含む悪質サイトにIEでアクセスした時にブロックしてPCをガードするためのフィルタとして、Windows 用の IE-SPYAD というソフトウェアがあります。以下のページが詳しい。
IE-SPYAD - IEの制限付きサイトに悪質サイトを登録(アダ被)
http://www.higaitaisaku.com/iespyad.html

また、IE-SPYADと使うと効果的なWindows用スパイウェア検知ソフトウェアである、SpywareBlasterの使い方とインストール方法は以下のページが詳しい。こちらはIEとFirefox/Mozillaに対応。

SpywareBlasterによるスパイウェア感染の予防(アダ被)
http://www.higaitaisaku.com/spywareblaster.html

うーん。このへん見ていると、Firefoxにはまだウェブサイトまたはウェブページごとのブロック機能はついてないんでしょうか?
posted by touji at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のFirefox拡張探し

このエントリは、いろんなFirefox拡張機能(Extention)のお話。

Work Offlineが 0.6 に更新された。Deer Park Alpha 1対応らしい。
Firefoxの更新ボタンを押しても反応しないのはなぜだと思ったら、
「Mozilla Updateを参照するようにupdateURLを削除。」(http://multi.nadenade.com/leafy/Mozilla/Offline/
きっと次の更新時には更新ボタンで普通に更新できるのだろう・・・。


先日、「Firefox拡張:Target Alert(現在0.7.4だけど、次版に期待)」で紹介したTargetAlertの0.8系が出てきて、今は0.8.2になっている。
内部的に変わっている部分はいろいろありそうだけど、ユーザインターフェースが追いついていないのか、それとも内部的に未完成なのか、0.8、0.8.1、0.8.2と立て続けにバージョンアップしている。しばらくこの調子が続くかもしれない。
これを使っていると設定パネルのサイズを変えられないのが非常に気になるのだが、拡張機能(Extention)からはウィンドウの大きさを変えられないというFirefoxのバグがあるそうです。(みんなでvoteしようって書いてある)

しかし・・・
そんなバグがあるのを今の今まで知らなかった原因はどうやら、巨大な設定パネルを持っているTabbrowser Extentionが何か巧妙な方法でこのバグをすり抜けているため、バグを意識できなかったためだったのかもしれない。w


こんなまとめページを発見。(from トマログ:Firefox皆が使用している拡張(2005/4/15))
Mozilla Firefox Extension @2ch
http://firefox.extension.nobody.jp/
2chのスレッドはまとめ人が出現するといい情報源に早変わりしますね。まとめ人乙。


このまとめページを見て、人気が高かった次の拡張を入れてみました。

翻訳パネル(Firefox/Mozilla/Thunderbird拡張)
http://nazodane.hp.infoseek.co.jp/extension/translation.xhtml

えーと、まだ使ってません。きっといつか使うでしょう。(^^;
あれ、デフォルトではinfoseek翻訳が登録されてないな。どうすればいいんだろ。
posted by touji at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

今個人的に使っているFirefox拡張(長文注意)

あるFirefox拡張の古いバージョンをアンインストールして、Firefoxを再起動せずに先ほどの拡張の新しいバージョンをインストールしたら、どの拡張も普通の方法でアンインストールできなくなってしまった。(Firefox 1.0.4使っているわけですが、Firefoxの問題か拡張側の問題かはわかりません)
仕方がないので拡張を全部インストールし直したのだが、そのついでに今入れている拡張のメモをまとめてみた。以前もこんなの書いたけど、今回のは一応満足している組み合わせ。


<前書き>

・同じような機能を持つ拡張は極力インストールしない方がよい。
・拡張をインストールするほど、拡張同士でキーバインドや機能が衝突する
 可能性が高くなる。
・リンクはMozilla Updateに貼るのを基本としているが、最新版がそこにない場合は
 よく更新されているページに貼っている。
・以下の全部の拡張がMozilla Updateにあるわけではない。
Firefoxまとめサイトもじら組フォーラムなども参考に。
・動かなくなったら、FirefoxをSafe Modeで動かすこともできます。Windowsなら
 スタートメニュー以下にFirefox(Safe Mode)というアイコンが登録されています。
・日本語対応していない拡張は英語で表示されます。泣くな。


*** ここで一度文章を分けておかないと、Sageで読んだ時に死ねるので分けておく ***

続きを読む
posted by touji at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

Firefox(など)をウイルスバスターのURLフィルタの対象に追加する方法

もじら組フォーラム
ウイルスソフトとブラウザの相性
http://www.mozilla.gr.jp/forums/?mode=all&namber=20533&type=0&space=0&
に紹介されていた次のページ
http://www.geocities.jp/okame_world/my_box/vbas_settei.html
に、ウイルスバスターのURLフィルタの対象にMozillaやFirefoxを付け加える方法が載っていた。OperaやLunascapeも同様の設定が可能かも。

レジストリエディタを使うなどして登録する必要があるので、初心者は手を出さない方がいいだろう。
以下、先のページの内容を引用しておく。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\TmProxy\ProtocolHandler\http\redirect\Firefox]
"port"=dword:00000050
"process"="firefox"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\TmProxy\ProtocolHandler\http\redirect\Mozilla]
"port"=dword:00000050
"process"="mozilla"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\TmProxy\ProtocolHandler\http\redirect\Firefox8080]
"port"=dword:00001f90
"process"="firefox"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\TmProxy\ProtocolHandler\http\redirect\Mozilla8080]
"port"=dword:00001f90
"process"="mozilla"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\TmProxy\ProtocolHandler\http\redirect\IE8080]
"process"="iexplore"
"port"=dword:00001f90



(以下、2005/6/4 22:30追記)
ウィルスバスターの URL フィルタを Mozilla/Firefox で有効にする - えむもじら
http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=20050207_URL_Filter
にも同じようなことが書いてありました。
書いた比較的すぐ後で見つけて、追記しようと思ってそのまま忘れてた・・・。
posted by touji at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

Firefox拡張:Target Alert(現在0.7.4だけど、次版に期待)

Target Alert(現在version 0.7.4)は、ウェブページ上のリンクがhtmlファイル以外(もしかすると正確な表現ではないかもしれない)に張ってある場合にその横に拡張子に応じたマークを追加表示してくれる拡張。でも、ON/OFFが面倒なのと、ONにした時に動作が若干遅くなる事と、
あとウェブページを保存した時にその拡張子マークまで保存してしまうことになるのが特に辛いかもしれない。(普通に保存しても、Scrapbook(これもFirefox拡張)を使って保存してもそうなったと思う)

しかし、次バージョンが使えるものになりそうな予感。予告スクリーンショットにある、"Show icons on mouseover rather than appending hyperlinks"のオプションに期待。

ハズれたら悲しいケド・・・。


TargetAlert - Firefox まとめサイト
http://firefox.geckodev.org/index.php?TargetAlert
0.7.3を日本語化したものがある。

なお、Target AlertはMozilla Updateには載っていない模様


(以下、5/23 0:55追記)

Mozilla Update :: Extensions -- More Info:TargetAlert - All Releases
https://addons.mozilla.org/extensions/moreinfo.php?id=230
ちゃんとMozilla Updateに載ってました。orz
posted by touji at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

Firefox拡張:Right Encoding 0.2

しばらく前にRight Encoding 0.1の更新の有無が「ソフトウェアの更新」ボタンで検索できなくなって以来、おかしいと思いつつしばらく拡張から外していたのだが、mozilla updateサイトではなく作者自前のページに最新のバージョン0.2が置いてあった。

a workshop in a mess ? Right Encoding 0.2
http://heygom.com/extensions/?p=17

フレーム単位で文字コードの変更が効くようになったようで、やっと本当に使える拡張になったと思う。但し、ソフトウェアの更新を実行するとサーバが見つからないと言われるのは相変わらずだ。それはまあいい。

しかし、フレームで右クリックしてコンテキストメニューを「このフレーム」>「文字エンコード」と開いた時にチェックの入っているラジオボタンの示す文字コードは必ずしもそのページの物ではないようだ。その辺りの動作がまだ微妙ではある。
(例えば、ISO-2022-JPでエンコードしているBecky!2のリムアーツのトップページに行った後で、Shift_JISでエンコードしているRagnarok Squareのフレームありページに行って比較するとわかってもらえるかもしれない。もちろんRightEncodingのチェックボタンを双方のページで見たりいじったりすること。)

作者さんは韓国の人らしいですが、ありがたくいただきます。

最近このブログでは隣国への反感多いけど、日本の諺(^^;にこんなのもあるから。

それはそれ
これはこれ

posted by touji at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

Firefoxのビデオ広告〜Mobile編が一番いいかも〜

この記事は先の記事「Firefox 1.0.4日本語版 セキュリティアップデート」に「星を見る人」の中の人からトラックバックをいただいた御礼として・・・。

Firefoxのビデオ広告が登場(「星を見る人」)
http://magic3.net/item/253/catid/18

アメリカではFirefoxのビデオCMキャンペーンやってたんですか。
funny.orgってとこに掲載されているのですが、見てみたい人は取りあえず上のリンク経由で行ってみてください。

Office編、Mobile編、Notebook編とあるのだが、
Office編は何が起こったかよくわからないが少し笑える。
Mobile編は何が起こったかよくわからないが笑える。
Notebook編は何が起こったかよくわからないが「足はどうした」とツッコミを入れたくなる。(つい遊星オチを期待する自分)

アメリカンジョークとしての質はどんなものやら。もしかしてあれで結構いけてたりする・・・のか?
試しにMobile編を日本のテレビで見たいですね。もっとも、Firefoxの脆弱性のニュースがPC方面のニュースサイトで他のブラウザと同じ程度に出ているので、じゃあどこが違うの?という部分をはっきりさせないと、テレビで流すだけの効果はないでしょうね。

いや、ビデオCMってネットの中だけでもいいわけですな。こうやってブログで話題になるだけでも宣伝効果あがりますかね?



(以下、5/15 20:50追記)

Fireofx の広告ビデオ - えむもじら
http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=20050513_FIrefoxAd

この話、「えむもじら」にもしっかり載っていた。
CMのあの人たちは「Firefoxを見つけて興奮していた」だけだったのか。
それは絶対わからないよー。w
posted by touji at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

Firefox 1.0.4日本語版 セキュリティアップデート

昨日13日の11時頃には Firefox 1.0.4日本語版がリリースされていた。
例によってアップデート推奨、というか今回は必須と考えた方がよい。

アップデートの中身は以下を参照。

mozillaZine 日本語版: Mozilla Firefox 1.0.4 リリース
http://ryuzi.dyndns.org/mozillazine/html/modules/news/article.php?storyid=1063

Mozilla Firefox 1.0.4 リリースノート
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/releases/1.0.4.html


日本語版担当がボランティアであるようで毎回1日2日で対応できるとは限らないものの、その人がすぐに対応できて、またMozilla本家が週末にリリースするようなことがなければ、今回のように英語版リリースの後での日本語版リリースが早いわけですね。

それと、1.0.3の脆弱性のニュースが出てから(脆弱性対応なので秘密裏に行っていた正規の修正プロセスの途中で誰かにばらされてニュースになったらしい)、次のバージョンが出るまでも比較的早かったような気がする。1週間か10日ほどか?

・・・1週間かかってなかったようだ。以下、一連の記事。

「Firefox 1.0.4」日本語版も公開、JavaScript関連の深刻な脆弱性を修正
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/13/7586.html

深刻な脆弱性を修正したFirefox 1.0.4〜日本語版は近日中に公開予定
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/12/7576.html

Firefoxに任意のコードが実行される危険度の高い脆弱性〜Secunia報告
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/09/7499.html
posted by touji at 13:26| Comment(1) | TrackBack(2) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

Firefox でブログ用にリンク貼りができる機能拡張を求めて (2)

このエントリは18日のエントリ「Firefox でブログ用にリンク貼りができる機能拡張を求めて」の続き。

Firefoxに15個のExtention(機能拡張)を入れていると前のエントリで書いたのですが、あの状態ではScrapbookの起動キー「Alt-K」がContextMenu Extensionsと衝突して動かなくなってました。ツールバーのカスタマイズでScrapbookの起動ボタンをツールバーに登録できるため、大きな問題はありませんでしたが。
Extentionをあれもこれも登録すると、このようにキーバインドが衝突するのは避けられないなどの事もあり、同じ機能を持つExtentionは入れないようにしないといけないのが、ちょっと難しい。どのExtentionにはどの機能があるということを把握できないとExtentionを入れまくるのは難しいと言っておきます。(ソフトウェアを作った事があるなら、そのへんわかるはず)

(ContextMenu Extensionsの側でキーバインドをカスタマイズできるのかどうかは未確認です。あと、仕様の大きさ(私にとっては「虚無回廊」w)についていけないので使うのやめます。ただよくよく考えてみると、JavaScriptActionsはこれと同じ系統のツールなのかなと。)



さて、Copy URL +を動かせるようにする方法が「帰納法障害: Firefox 1.0.3 の不具合とその対処法」にあるというトラックバックを頂いたので見に行ってみると、2ちゃんねるに載っていたCopy URL+の修正方法が載っている。ついでに追記には、

電網探題にてCopy URL + 1.3 日本語Locale同梱(Firefox1.0.3暫定対応)版の配布が始まった


とある。じゃあ、xpiの中のファイルを自前で書き換えなくてよくなったんだな、というわけで、取ってくる。
「Copy URL + 1.3.1 日本語Locale同梱版」が配布されていた。
インストールしたら、すんなり動きました。すばやい修正感謝です。

ただ、Copy URL+は、HTMLタグまでは生成してくれないですね。もっともHTMLタグ生成は絶対必要というわけでもないし、機能はシンプルな方がよいという考えに立てば今のままでいいような気もします。

(昔はHTML手打ちで数百ページのサイト作っていましたよ。ちょっと遠い目。)
posted by touji at 00:35| Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

Firefox でブログ用にリンク貼りができる機能拡張を求めて

さきほど私が書いた 「Firefox 1.0.3日本語版リリース」に、[ハ]Firefox 1.0.3 の拡張機能の不具合::キミガタメ「ハ」からトラックバックをいただいて、トラバしてもらえるならもう少し書いておけばよかったかなと思ったりしています。(^^;

Firefox 1.0.3で動かなかった拡張 Copy URL + の今のバージョンは 1.2.2です。
動かないらしいというので(たぶん/.jpで見ました)入れてみたら、やっぱり動かなかったので外しました。(もっと新しいバージョンもあるのかな?それでも動かないらしいけど)

そして、ScrapBook :: Firefox ExtensionはFirefox 1.0.3のリリースにあわせてバージョン 0.15.1 がリリースされたので、古いバージョンを入れていた場合でも拡張機能のバージョンの更新ボタンを押すことでアップデートできるはずです。便利に使っています。


さて、Copy URL+が機能しないわけだが、先の「キミガタメ「ハ」」さんの記事に書いてあったJavaScriptActionsも使えなくなっているという話を見て、別のものを探してみることに。
この手の拡張機能を使うとブログを書くときにリンクを貼るのが、HTML手打ちに比べると格段に楽になるはずだ。

しかし、先ほどmozilla.orgのextentionページにめぼしいものがなかったような記憶があるので、Tabbrowser Extensionsのpiroさんのページを探してみたら、ContextMenu Extensionsという、目的の機能が入っているextentionを発見。
これをインストールして、カスタムスクリプトに「No.1 現在のページへのリンクを生成」を登録。No.2の「選択範囲をHTMLとして引用」も有用そうです。
このExtentionをしばらく使ってみようと思います。

ただ・・・、このContextMenu Extensionsは、そのためだけに使うには仕様がとてつもなく重装備。ユーザスクリプトを作れる人向けのカスタマイズができるようになっていて、一般ユーザに勧めるのは危険かもしれません。w
この重装備仕様でどこまでできるのか、私にはさっぱりわかりません。理解する気も起きません。orz

以下はおまけ。Firefox 1.0.3 で動作する、今私が使っている extention のリスト。

続きを読む
posted by touji at 00:48| Comment(0) | TrackBack(2) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

Firefox 1.0.3日本語版リリース

最初に書いておくと、Firefox 1.0.3は1.0.2に対して拡張機能(Extention)周りに大きな修正が入ったらしく、今まで使っているExtentionがうまく機能しないことがあるので注意しましょう。
Copy URL+ や Scrapbook で動かなくなったという報告がありますが、試してみたら確かにCopy URL+は動かない。Scrapbook は普通に動く。他の多くのExtentionも問題なく動くのではないかと。

〜〜〜

他に、1.0.3では、1.0.2以降のsecurity fixが入っています。以下を参照の事。

Known Vulnerabilities in Mozilla(英語ページ)
/ Mozilla における既知の脆弱性(日本語ページ)

〜〜〜

昨日のうちから気の早い人たちがリリースされたと書いているが、mozilla-japanが正規の方法で配布を始めた時をもって(正式)リリースというべきなので、その意味ではまだFirefox 1.0.3日本語版は(正式)リリースされていない。
(これを書いている現在、まだ1.0.2日本語版のダウンロードになっている。)

但し、日本語が使えるブラウザでmozilla.orgに行くと既に1.0.3日本語版を普通にダウンロードできる。その意味では正式リリースされたと言える。
また、Firefox 1.0.3英語版は既に日本時間で昨日のうちにmozilla.orgがリリースしていたと思う。

UserAgentは以下。
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP; rv:1.7.7) Gecko/20050414 Firefox/1.0.3

続きを読む
posted by touji at 17:24| Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

フィッシング詐欺対策のActiveX導入ってなんか違うような

「サーバ管理者日誌」4/4と4/5のエントリ

http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200504a&to=200504040#200504040
「セキュリティのため」ActiveXコントロールの導入を勧めるUFJカード

http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200504a&to=200504041#200504041
続・「セキュリティのため」ActiveXコントロールの導入を勧めるUFJカード

には、nProtectというセキュリティソフトを導入した銀行のページについて、そのソフトを導入しても問題の解決には全くなっていないという事とその理由が詳しく書いてある。

先日からニュースになっている元の、銀行側のリリースは以下2つ。(東京スター銀行の話はどこからのリリースかよくわからないけど…)

http://npro-shop.jp/docs/direct/news/news_050324.html
「東京スター銀行ホームページ」フィッシング詐欺対策機能を持ったnProtect Netizenサービス開始 (3/24)

http://www.ufjcard.com/release/release081.html
UFJカード、ホームページのセキュリティを強化〜フィッシング詐欺対策機能ツール導入〜 (4/4)

これと似た手法で動作するセキュリティソフトをいくつも(どんな製品が世の中にあるのか知らないけれど)インストールしたら、PCが不安定になりそうな気がするんですけど。ウイルス対策ソフトでも競合製品が入っている場合にはそれをアンインストールするように書いているはずですから…。

安直なソリューションに走っている銀行があるという事のようだ。そのうちフィッシング詐欺とは違う形でも、そんな銀行のユーザは被害を受けそうな気がする。


それにしても、韓国企業ってActiveX好きなのかな。MMORPG「マビノギ」のページに行ったらActiveXの導入を要求されるし、その運営元のNEXONもそうでした。
(なお、私はマビノギはすぐ飽きてしまってやめましたw)
posted by touji at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

Mozilla 1.7.6日本語版がでました

セキュリティ修正入っているので、アップデート推奨なのですが。
Mozilla Suite使ってる人なら既に正式版としては1.8系のリリースはないことは知っているので、あえて書くこともないと知りつつ。でも、Mozilla Suiteとしては一応最後の正式版リリースになるので、一応書いておく。

また何かセキュリティ修正が必要になったら1.7.7とか出すこともあるのだろうが、Mozilla使いの人はFirefox/Thunderbirdへ移行しましょうという事で。

(なお、私Thunderbirdは使ってないのであまり興味ないですが、1.0.2日本語版はまだみたい。)
posted by touji at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お気に入りリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。